なぜモラハラ的言動をするのか2~被害者が悪いことをしていないのに、なぜ、モラハラ的言動をするのか


それではなぜ、被害者が悪いことをしていないにもかかわらず、加害者は、モラハラ的言動をするのでしょうか。

以下の説明は、私の仮説ですが、多くのモラハラ被害者に話した結果、「そう考えるとモラハラ的言動の説明がつく」と納得してもらえたことから、事実を正確に説明できているのではないかと考えています。

多くのモラハラ事例を見て分析した結果、モラハラ加害者は、何らかのコンプレックスを心の奥底に抱えていて、それが原因でストレスを溜め込み、そのストレスを配偶者に対して吐き出しているだけである、つまり、被害者にはまったく原因がない、と私は考えています。

ここで、イライラすることがあって、そのストレスを配偶者にぶつけるだけであれば、どの家庭にもあるのではないかとの指摘があり得ると思います(この一般的な感覚からの指摘が、被害者を一層苦しめることになるのですが)。

しかし、モラルハラスメントは、ストレスをぶつける際のキレ方の程度が異常に激しく、しかも反省することなく延々と繰り返されることで、被害者が、最終的には離婚したいと思うくらい苦しみ続ける、というところに問題があると考えます。

そのような異常なキレ方をするのは、やはり、通常の家庭とは違うと思います。

キレ方の程度の大きさ、継続性の高さが、通常の家庭と区別できる点だと思います。

健全な心の持ち主が、ちょっと嫌なことがあって八つ当たりするのとは、程度の激しさという点と、反省することなく延々と繰り返されるという点が、違うように思います。

そして、なぜそのような異常なキレ方をし、延々と繰り返すかというと、加害者は何らかのコンプレックスを心の奥底に抱えているという、根本的な原因があるように思えます。

具体的にどのようなコンプレックスを抱えているかは、加害者によって異なり、それが特定できない場合もありますが、被害者である相談者と話す中で、「それこそが、まさに、加害者のストレスを生み出している根本原因なのではないか」というコンプレックスを特定できる場合が多いです。

モラハラ加害者は、一見、コンプレックスなどなさそうな、成功しているように見える人が多いです。

また、モラハラ加害者は、「自分は仕事ができるんだ」というようなことを、被害者に対して自慢することが多いので、被害者は、加害者のコンプレックスやストレスに気づかない場合も多いです。

しかし、一部の事例では、被害者が、加害者のコンプレックスやストレスを見抜いている場合があります。

また、私が指摘すると、「そう言われれば、思い当たる」と言う相談者も多いです。

以上のとおり、モラハラ加害者は、心の奥底にコンプレックスを抱え、それを根本原因としてストレスを溜め込み、それを、家庭という密室で、反撃しないであろう配偶者に対して、激しく吐き出す、ということを、延々と繰り返しているのです。

ここで大事なことは、被害者はまったく悪くない、被害者には原因がない、ということです。


なお、コンプレックスが原因だとしても、加害者の言動が正当化されるわけではありません。

被害者を苦しめているわけですから、その点は正当化されることはありません。