責めるの大好き人間

モラハラ夫・妻は、責めるの大好き人間だと思います。

咎める(とがめる)、と言ってもいいです。

とにかく、「あなたのここが悪い」と指摘するのが大好きです。

普通に生活していても、何かというと、配偶者の悪い点を指摘して責めてきます。

これをされると、言われる方は、気持ちが落ち着かないと思います。

何をしても責められるような気がして、気持ちが休まる暇がないと思います。


モラハラ夫・妻がこのような行動をするのは、責めることで、配偶者に対して優位に立とうという意識の現れだと思います。

モラハラ夫・妻は、責めることで、自分が優位に立っているという感覚になり、気持ちがいいのだと思います。

だから、繰り返されるのだと思います。

もちろん、「自分が優位に立っている」という感覚は間違いなのですが、モラハラ夫・妻にとって、それが間違っているか否かは関係ないのです。

責めることで、ストレスを発散して気持ちよくなれればよいのです。

しかも、普通の人であれば、相手を責めたら、「言い過ぎちゃった」などと反省することもありますが、モラハラ夫・妻には、それがありません。

モラハラ夫・妻は、相手を傷付けたことを認識できないのです。


以上のことから、「責める」ということが、延々と繰り返されることになるのです。

家庭でこのような状況に陥っている場合は、構造的なモラハラの問題が内包されている可能性がありますので、弁護士にご相談されることをおすすめします。

初回相談料0円 お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付:平日9:00~18:00 横浜港北法律事務所 メール受付
お一人で悩まずに、まずはご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付時間:9:00~18:00(土日・祝日応相談)