財産分与の対象

財産分与の対象になる財産は、婚姻期間中に夫婦の協力によって築いた財産です。夫婦の財産は、一般的に3つに分類されています。

財産分与の対象となる財産は、「共有財産」と「実質的共有財産」です。
「特有財産」は財産分与の対象にはなりません。

「共有財産」は、夫婦間の合意の下で、共有名義で取得したものの事を指し、当然分与の対象となります。

「実質的共有財産」は、婚姻期間中に夫婦が協力して取得した財産で、夫婦の一方の名義になっているものの事を指します。
婚姻期間中に夫婦で築き上げた財産であれば、土地や車の名義がどちらかのものであっても、夫婦の協力があってこそ築けたとみなされ、夫婦平等に分与されます。

財産分与においては、不動産や預貯金だけでなく、保険、株式など、幅広い種類の財産が分与の対象となります。

婚姻期間中に築いた多くの財産が分与の対象となる一方で、「特有財産」と呼ばれる、分与の対象とならない財産もあります。
結婚前から各自が有していたものや、婚姻期間中に一方が相続したもの、さらには衣類のように、明らかに各自の専用品と見られるものがこれにあたります。

ただし、特有財産でも配偶者がその財産の増加に貢献しているような場合、分与の際にこの寄与度を考慮することになります。

また、財産分与に関して取り決められた内容は、離婚後のトラブルを避けるために、必ず離婚協議書等の文書として残しておくことが推奨されます。