依頼者に有利な条件で財産分与を受け取る内容の協議離婚が成立した事例

依頼者に有利な条件で財産分与を受け取る内容の協議離婚が成立した事例

 


【受任時の状況】

性別:女性
年齢:54歳
相手年齢:62歳
職業:無職
相手職業:会社員
同居中か別居中か:別居中
離婚請求:求められた
離婚意思:離婚したくない
離婚原因:性格の不一致
争点:財産分与

 

 

争点

 

  財産分与
受任前 提示なし
受任後 不動産売却金額の2分の1、解決金約500万円

 

解決


受任後、夫は、不動産の売却金額により、解決金の金額を設定したいと言ってきました。
本件は、夫から離婚を求められましたが、依頼者は離婚したくないという事案であったため、当方は、「この条件でなければ離婚しない」と安易に譲歩しませんでした。
婚姻費用については、金額に争いがあり、支払いがなかったため、婚姻費用分担請求調停を申し立てました。
交渉の結果、依頼者に有利な条件で協議離婚が成立しました。