なぜ、モラハラに力を入れるのか

なぜ、モラハラに力を入れるのか


モラハラで離婚の相談に来る方の家庭は、一見すれば、普通の幸せそうな家庭に見えると思います。

そういった家庭で、夫婦の一方だけが、離婚しかないと思わされるほどの苦しみを抱いているというのは、驚くべき事実です。

私は、離婚相談を多くしていて、そのような家庭が多く存在することを知り、モラハラ問題は、現代の日本社会が抱える病理だと思うようになりました。

そして、多数のモラハラ事例を分析し、モラハラの事例には、共通している部分が多いことに気づきました。

共通している部分というのは、加害者側に自覚がないこと、被害者は悪いことをしておらず、被害者に原因はないこと、加害者こそが内面的な問題を抱えていること、被害者側が離婚を切り出すと加害者側は離婚に応じないか、応じるとしても「応じてやる」という高圧的な態度をとること、加害者の生育環境、加害者の他罰的な性格、被害者の内罰的な性格、などです。

私は、モラハラ事例に共通点が多いことから、モラハラは、個々の夫婦の性格で済ませられる問題ではなく、構造的な問題があり、一定の状況にある場合に起きる問題と考えるようになりました。

モラハラ加害者は、誰が相手でも、どんな状況でも、モラハラ行動をとるわけではなく、一定の相手との組み合わせで、一定の状況に置かれたときに、モラハラ行動をとるのです。

そういう意味では、モラハラ加害者が悪人なのではなく、「モラハラが起きる状況」が悪なのだと考えるようになりました。

そして、一人の人間が何年にもわたって多大な精神的苦痛を感じるような「モラハラ状況」は、会から根絶すべきだと考えるようになりました。

そのために自分ができることをしようと考え、当事務所では、モラハラ問題に力を入れています。

モラハラでお悩みの方は、是非、モラハラ事例の解決実績が多い当事務所にご相談ください。