不貞行為に関する判例

 不貞行為の相手方に対する慰謝料請求について、最高裁判所は、「夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者は、故意または過失がある限り、右配偶者を誘惑するなどして肉体関係を持つに至らせたかどうか、両者の関係が自然の愛情によって生じたかどうかにかかわらず、他方の配偶者の夫又は妻としての権利を侵害し、その行為は違法性を帯び、右他方の配偶者の被った精神上の苦痛を慰謝すべき義務があるというべきである」として、肯定してきました。


 夫婦関係の破綻と不貞行為との関係について、最高裁判所は、配偶者の一方と肉体関係に及んだ第三者は、「婚姻関係がその当時既に破綻していたときは、特段の事情がない限り、(配偶者の他方に対して)不法行為責任を負わないと解するのが相当である」としています。


 不貞行為によって離婚や別居に至らなくても、裁判所は、不貞は他方配偶者に多大な精神的苦痛を与え、夫婦関係に深刻な不和をもたらすとして、家庭の平和という法益を侵害したとみて、不貞の相手方の責任を肯定しています。

初回相談料0円 お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付:平日9:00~18:00 横浜港北法律事務所 メール受付
お一人で悩まずに、まずはご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付時間:9:00~18:00(土日・祝日応相談)