慰謝料請求を弁護士に頼むと何をしてくれるのですか

自分ではしたくない慰謝料請求を交渉によって請求してくれる!

 
配偶者の不倫相手から慰謝料請求をするには交渉をしなくてはいけません。

もっとも有効な交渉の仕方は文書でのやりとりです。

不倫の事実を認めさせ、慰謝料請求を行います。

ただの手紙ではなく内容証明郵便を使うことにより、相手への威嚇効果などを期待します。

しかし、手紙でのやりとりは時間がかかり、慰謝料請求までに時間がかかってしまうというデメリットがあります。

口頭でのやり取りも良いでしょう。電話や直接会って、慰謝料請求し、相手がすんなり受け入れてくれれば、これ以上良い方法はありません。

その際は、ICレコーダーなどで録音することを忘れないでください。

しかし、これらを自分でするとなると気が滅入りませんか?

相手が憎き配偶者の不倫相手であり、慰謝料請求についても初めてのことでわからないことばかりです。

仕事や家庭で時間がないにも関わらず、慰謝料請求をするのは至難の業です。

これらのことが弁護士に頼めば、すべて任せることができます。

自分で慰謝料請求するよりも、専門家である弁護士に頼んだ方が、スムーズかつ、予定より高い慰謝料を請求できる可能性が高いです。
 
 

請求に応じなかった場合、裁判を任せられる!

 
交渉が決裂した場合は慰謝料請求をめぐって裁判で争うことになります。

ラブホテルから出てくるなどの写真や、メールのやり取りなどの不貞行為の証拠を裁判所に提出し、あとはドラマでみるような、お互いの主張を述べていくというような形になってきます。

裁判など経験したことがない人がほとんどです。

上述した交渉に比べて、格段と複雑な裁判は弁護士に頼まざるを得ない状況です。

訴状の提出から、証拠集め、法廷でのやりとりなど、一般人にとっては難し過ぎる内容といえます。

和解を求められた場合、それが妥当かどうなのかなどの判断もできません。

素人が裁判で争えば、負けたり、主張が通らなくなったりするのがほとんどです。

プロである弁護士に任せてしまうのが一番です。
 

 

 

慰謝料請求について知らなければいけないことを教えてもらえる

 
憎しみや怒りから絶対に慰謝料請求をしてやると思っている人が多いですが、知らなければいけないことがたくさんあるのです。

例えば、離婚せずに、配偶者の不倫相手からだけ慰謝料請求をする場合です。

相場より上の慰謝料をもらえることになってスカッとした気分になったのは束の間、不倫相手から求償権行使をされたら、配偶者も負担に応じて慰謝料を支払わなくてはいけなくなります。


他にも、ダブル不倫で、かつ、離婚しない場合は相手から配偶者へ慰謝料請求が来る可能性が高いです。

こちらが請求するのなら当然といっても良いでしょう。

このように、慰謝料を請求しても結局手元にお金が残らないというケースも十分に考えられるのです。

そうならないためにも、まずは弁護士に事情を相談して、アドバイスをもらうことが大切になってきます。
 

 

 

初回相談料0円 お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付:平日9:00~18:00 横浜港北法律事務所 メール受付
お一人で悩まずに、まずはご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付時間:9:00~18:00(土日・祝日応相談)