慰謝料請求の文例はどこで手に入れられるのですか

まず、相手にどのような形で慰謝料請求を求めるのかを考える

 
もし、配偶者の不倫が発覚して慰謝料請求を行う時は、まず相手を「許せない」という怒りの気持ちを自分でどのように治めたいのかを冷静に考えないといません。

例えば、訴訟問題に発展させてでも配偶者・配偶者の不倫相手に社会的制裁を加えたいのか、あるいは、訴訟までは起こすことなく、当事者同士で慰謝料請求を行い、それに応じてもらうほうが良いのか、それによっても行動の移し方が変わってきます。

しかしながら、不倫されたことが発覚した直後は、なかなか冷静な気持ちになれず感情的になってしまいがちです。

こういうケースでは、一時の衝動に駆られてその後の生活に大きなダメージを受けるようなことがないよう、事態を客観的に受け留めて一緒に対処方法を考えてくれる法律の専門家、弁護士を雇うことが有益だといえます。

 

インターネットでも検索出来る慰謝料請求の文例、但し参考程度にしておくほうが無難

 
もし、配偶者との離婚は望まず、不倫相手にだけ慰謝料請求を行いたい場合であれば、慰謝料請求のための文書を作成して本人に郵送することになります。

その際の文例は、インターネットを検索すれば、いくつかヒットしますので、物理的にはそのままその文例を利用することも可能です。

但し、その文例を掲載しているサイトが弁護士などの法律の専門家によって書かれたものであるかどうかをしっかりと確認しておくことが必要です。

万一、内容に不備があれば、思いがけない展開に発展してしまう危険性すらあります。

また、慰謝料請求の文章を受け取った不倫相手がそれをどのように解釈して、どのような態度に出てくるのかについては、素人である方々には、想像するのが大変難しいところです。

その点を踏まえると、無料で気軽に調べられる文例をやみくもに使用するよりも、ネットや書籍で調べられる文例はあくまでも参考程度にとどめておき、やはり多少の費用をかけてでも弁護士に相談をしたうえで文書を作成したほうが無難です。
 
 

個々の状況から算出する慰謝料を記した文章を作成するのに弁護士は必要

 
弁護士を通じて慰謝料請求する際には、当然、ある程度の費用がかかりますが、その分も慰謝料に上乗せして不倫相手に求めればよいことですので、そのあたりの費用を無理に省こうとする必要はありません。

むしろ、出だしで素人同士が手紙のやり取りを行い、状況をこじらせてしまう前に弁護士に相談しに行くほうが賢いやり方でしょう。

弁護士に依頼すれば、相手がこちらの要求に応じなければと思わせるようなアプローチの仕方を教えてもらうことが出来るからです。

過去の判例や事例、個々の家庭の事情から今回請求する慰謝料の算出を行いそれを慰謝料請求文章に記すことも弁護士に任せるのが得策です。

また、慰謝料請求の文書は、内容証明で不倫相手に郵送しますが、その時に封筒の裏面に不倫の被害に遭った配偶者の住所・氏名が書かれているよりも、弁護士事務所と担当弁護士の名前が記載されているほうが相手には、適度な威圧感を与えることが出来るというのも弁護士に依頼することの大きなメリットです。
初回相談料0円 お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付:平日9:00~18:00 横浜港北法律事務所 メール受付
お一人で悩まずに、まずはご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付時間:9:00~18:00(土日・祝日応相談)