慰謝料を請求して受け取れるまでの期間はどれくらいでしょうか

相手方に誠意があれば、数ヶ月で慰謝料は受け取れます

 
慰謝料請求を不倫の相手方にしてから、実際に慰謝料を受け取るまでにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか。

結論から先に申し上げますと、期間は「数ヶ月から数年まで人それぞれ」となります。これは事件性や相手方の態度によって変わってきてしまうので仕方がないです。

まず期間が数ヶ月の場合からご説明しましょう。

あなたが慰謝料請求をするために弁護士に相談をすると、まず弁護士はあなたの代理人として、慰謝料を支払ってくれということを内容とする「内容証明郵便」を作成して相手方に送付します。

この慰謝料請求の通知はまったく法的な強制力はないのですが、相手が自分の過ちを悔いていて、財産的な余裕がまったくないわけではない場合などには、全額とまではいかなくとも、慰謝料の何割かは支払うと相手方弁護士などを通じて申し出てくる可能性がないわけではありません。

この場合、双方弁護士が立ち会いの下、慰謝料の授受がおこなわれ、わずか数ヶ月の期間で解決します。
 
 

裁判になった場合は、相手が応答して来ない方が早く受け取れる

 
相手が内容証明に反応せず、あなたがやむなく裁判所に慰謝料請求訴訟を提起した場合には、期間はどうなるのでしょうか。

まず、相手方が裁判に出頭してこない場合ですが、この場合は慰謝料請求訴訟の裁判は1回で結審し、相手方に対し、あなたが請求した慰謝料全額を支払えという判決が出されます。

とはいえ、裁判に出てこないくらいの相手方ですから、判決が出てもすんなりと慰謝料を支払ってくれることは期待できません。

その場合、弁護士を通じるなどして「強制執行」の申し立てをして相手の銀行口座や給料を差し押さえ、そこから慰謝料を取り立てることになります。

この場合執行裁判所が債権調査などをするので、手許に慰謝料が入るまで申し立てから2、3か月の期間がかかることになります。
 
 

裁判が泥沼になった場合は年単位の期間を覚悟しましょう

 
最後に、慰謝料請求訴訟に相手が弁護士を立てるなどして応じてきた場合です。

この場合が慰謝料を受け取るまでに期間が一番かかることになります。

まず相手方が不倫を認めている場合ですが、このときは慰謝料の額が争点となり、あとは相手方が無理なく支払える額を詰める作業がメインとなります。

したがって半年から1年くらいで慰謝料請求訴訟は和解で終了し、慰謝料を受け取ることができるようになるでしょう。

相手方が不貞行為を否認した場合には、不倫の事実があったのかどうかについて、およそ月に1回の割合で双方の主張が交わされていきます。

場合によってはあなたや、あなたの配偶者、不倫相手が法廷で尋問を受けるなどし、最終的に判決がでるまでに1年以上はかかることを覚悟しておきましょう。

また相手方が判決を不服として控訴してきた場合には、さらに高等裁判所で3か月から半年程度の審理が必要となってきます。

控訴審の判決が確定しても、相手方が支払い義務を怠った場合には、先に述べたように強制執行の手続きが必要になってきます。

この結果、最初の慰謝料請求訴訟の提起から実際に慰謝料を受け取るまでに数年経ってしまうというのは、決して少なくないのが現状となります。

 

 

初回相談料0円 お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付:平日9:00~18:00 横浜港北法律事務所 メール受付
お一人で悩まずに、まずはご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付時間:9:00~18:00(土日・祝日応相談)