慰謝料請求を取り下げてほしい

不倫相手への慰謝料を請求

 
よく弁護士事務所で不倫の相談として多い件で、不倫時に相手に慰謝料請求することがあります。

例えば夫が不倫をしていたとして、その不倫の相手に慰謝料請求するといったものです。

その不倫相手に慰謝料請求する過程で、離婚話も進行し、その離婚の慰謝料に納得できた場合に慰謝料請求を取り下げることがあります。

不倫というものは法律的にも許されません。

不倫をすると大抵は、相手に慰謝料請求を行うことで罪を償います。

慣れた弁護士に相談し、弁護士の言うとおりに勧めていきましょう。

相手に慰謝料請求するときも全て弁護士を通してのやりとりになります。

双方で話がつき、慰謝料請求を取り下げすることもありますが、そのときにもやはり、慣れた弁護士に相談し取り下げた方がいいでしょう。
 
 

不倫の際の減額請求

不倫をして慰謝料を請求されてしまった場合、最初に決断しなくてはいけない事は、その慰謝料請求に応じるかです。応じる場合は、金額が納得のいく額なのかを考えましょう。

あまりにもおかしな金額だった場合、減額の慰謝料請求をしていくことになります。

この金額については弁護士を通し勧めていきます。そして双方で慰謝料請求額に納得できれば、弁護士を通し、合意書という書類を書く事が重要です。

この合意書を作っておかなかったので、のちに、再び請求されることもあります。

この金額にどうしても納得できなかった場合は、裁判に持ち込むことになります。

裁判が嫌な場合は、解決金で解決するという方法もあります。相手が応じれば裁判の取り下げが行われることもあります。

裁判の取り下げになると、余計な労力に手をとられることもありません。
 
 
 

他にも慰謝料請求できるケース

他にも慰謝料請求できるケースがあります。

それは、不倫もそうですがDV行為や虐待、育児放棄などです。

また、生活費を全く稼いでこない、働かないといったものも、慰謝料請求は可能です。

また、性行為を拒否し、夫婦関係の破綻をまねく行動も慰謝料の請求は可能です。

お近くの、夫婦の離婚を多く扱う弁護士事務所に相談へ行くといいでしょう。

お互いの性格の不一致での離婚や、お互いの問題になると、慰謝料請求は不可能です。

今回のように、不倫による離婚のケースだと、肉体関係があってからを不貞行為と呼ぶようになります。

食事にいっただけ、メールをしただけだと慰謝料請求はできません。

なので不貞行為があったと思う場合は、探偵などのプロを雇い、確たる肉体関係の証拠を集め、誰が見ても不倫だと分かるようにしておきましょう。

 

初回相談料0円 お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付:平日9:00~18:00 横浜港北法律事務所 メール受付
お一人で悩まずに、まずはご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付時間:9:00~18:00(土日・祝日応相談)