慰謝料請求ができるまでの流れ

慰謝料請求は準備が大事、相手との交渉前にやっておきたいこと

 

あなたの配偶者と不倫をしていた不倫相手に対し、どのようにすれば慰謝料請求をすることが出来るのでしょうか。

ここでは慰謝料請求ができるまでの流れを見ていきましょう。

不倫に気づいた場合、あなたはおそらく弁護士に相談することでしょう。

弁護士はあなたから詳しい話を聴取し、訴訟の準備をすることになります。

裁判で勝つには証拠が必要ですから、弁護士はあなたの配偶者や不倫相手の行動調査を調査会社に依頼したり、あなたから手紙やメール、写真などの提供を受けて、不倫の事実があったことを証明する証拠を集めていきます。

調査会社の調査には費用がかかりますが、うまく不倫の現場を押さえることが出来た場合には、決定的な証拠になりますので、費用の許す限り利用したほうが良いでしょう。

 

証拠が集まったら、いよいよ相手方とのファーストコンタクト

 
さて、手許に不倫の証拠が集まりました。しかし、まだすぐに裁判所に慰謝料請求訴訟を提起するわけではありません。

慰謝料請求の流れとして、次に弁護士は不倫の相手方に対して「内容証明郵便」を送付することになります。

この内容証明郵便には、あなたが相手方の不貞行為によって精神的苦痛を得たこと、相手方にはその精神的損害を賠償する責任があること、その精神的苦痛に斟酌して○月○日までに○○万円を支払ってほしいこと、万が一期日までに支払われない場合には法的手段に訴える用意があること、等々が記載されます。

この内容証明郵便に従って、相手方が慰謝料を支払ってくれば、事件は無事解決となりますが、多くの場合は相手方も弁護士を代理人に立てるなどして支払ってこないことが通常でしょう。こうなると、次の流れとしては裁判所に慰謝料請求訴訟を提起することになります。
 
 

裁判所に訴えてからの慰謝料請求の流れ

 
事件が裁判所に係属すると、相手方は裁判所に「答弁書」を提出してきます。

この答弁書で相手方が不倫は認めるが慰謝料額を争う場合と、不倫そのものを認めない場合とで慰謝料請求訴訟の流れは変わってきます。

不倫は認めるが慰謝料額が不当だとして争ってくる場合、あなたの精神的苦痛に見合うだけの慰謝料はいくらが相当か、という論点で話し合いが続きます。

何度か双方の書面が交わされ、ここが落としどころというところでお互いの譲歩のもと、裁判上の和解が成立する場合がほとんどです。

相手方が不倫の事実そのものを否認してきた場合には、裁判の流れは長期化が必至となります。

あなたの代理人弁護士が事前に集めた証拠が裁判所に提出され、場合によってはあなた、あなたの配偶者、不倫相手の三者が公開の法廷で尋問を受けることになります。

こうして裁判所が不倫の事実を認定できると判断した場合、あなたの慰謝料請求を認める判決を出すことになりますが、必ずしも全額が認められるとは限りません。

以上、ざっとですが、不倫の慰謝料請求の流れを見ていきました。こうして見ていくと分かるのですが、大事なのは不倫の証拠をきちんと揃えるということですね。

訴訟の前にはあせることなく、事前準備を入念に行いましょう。

 

初回相談料0円 お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付:平日9:00~18:00 横浜港北法律事務所 メール受付
お一人で悩まずに、まずはご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付時間:9:00~18:00(土日・祝日応相談)