モラハラ夫・妻は、配偶者に不満を感じていない

1 モラハラ夫・妻は、配偶者に不満を感じていない


モラハラ夫・妻は、配偶者に不満を感じていない場合が多いです。

だから、離婚する必要がないと感じているのです。

 

2 モラハラを受けている側からすれば、受け入れ難い事実


モラハラ夫・妻は、配偶者に不満を感じていないということを指摘すると、モラハラを受けている側は、「そんなはずはない」という反応を示す人が多いです。

それもそのはずです。

モラハラの被害者は、モラハラ夫・妻から、長期にわたり、繰り返し、怒鳴られたり、人格を否定されるような暴言を吐かれたり、無視されるなど、ひどい言動を受けているので、「この人はよほど私に不満があるのだろう。よほど私のことが嫌いなのだろう」と感じている人が多いです。

そして、そのように感じるのは、おかしなことではありません。

モラハラ夫・妻が、そのように感じさせるような言動をするからです。

あくまで、悪いのは、モラハラ夫・妻なのです。

 

3 考えてみれば、当り前のこと


しかし、モラハラ夫・妻は、配偶者に対し、それほど不満を感じていないのは事実です。

そしてそれは、考えてみれば当り前のことなのです。

なぜなら、モラハラの被害者は、客観的には悪いことをしていないからです。

客観的には悪いことをしていない以上、不満を抱くことはないはずです。

 

4 「わけがわからない」


不満を抱いていないのに、不満を抱いているかのような言動をするところに、解決困難な問題があるのです。

不満を抱いているから、不満を表明するのであれば、わかりやすい話ですから、それほど解決困難ではないはずです。

モラハラ夫・妻は、不満を抱いていないのに、不満を抱いているかのような言動をするから、理解が難しいのです。

モラハラを受けている側からすれば、「わけがわからない」となるのです。

 


このように、不満を抱いていないのに、不満を抱いているかのような言動をするという、普通の人からすれば「わけがわからない」言動をする点に、モラハラ問題の本質があるのです。

このような問題点は、弁護士でも、モラハラ案件を専門に多数取り扱って分析している人でないと、理解できないと思います。

当事務所は、モラハラ案件に力を入れているので、当事務所にご相談いただければ、お力になれると思います。