モラハラを受けている人は、客観的に、悪い妻(夫)か

 

モラハラを受けている人は、客観的にみて、悪い妻(夫)でしょうか。

もちろん、悪い妻ではな、と言えます。

家事・育児はしっかりやるし、直接話してみても、謙虚で、人あたりがよいと感じる人が多いです。

しかも、夫のモラハラ的言動のはけ口になっています。


「悪い妻ではない」と指摘すると、「そんなことはない。私にも悪いところがある。家事・育児も怠ることがある」と恐縮して言う人が多いですが、そのくらい、謙虚ということです(笑)。
モラハラ夫には、このような謙虚なところはありません。

モラハラを受けているの中には、「私も、口論になると、夫に強く言うことがある」などと言う人もいます。

しかし、夫が嫌になるくらい悪い妻というのは、そんなレベルではありません。

想像してみてください。

大人しい性格の夫に対し、怒鳴ったり、子どもと一緒になって「稼ぎが悪い」とバカにしたり、キレたり、子どもと一緒になって無視したりします。

機嫌が悪く、イライラしていることが多く、夫は、針のむしろに座らされているように感じます。

このように、妻から極度のプレッシャーをかけられるような生活が続くと、夫は、家に帰りたくないと思うようになります。

そのような妻が、夫が嫌になるくらい「悪い妻」です。


モラハラを受けていると相談に来る人達は、人あたりがよく、そのような「悪い妻」とは程遠い人達です。

ですから、夫からすれば、家事・育児をしっかりやる、人あたりはよい、そのうえ自分のストレスのはけ口になってくれる、「良い妻」ということになります。


モラハラをする夫というのは、外で仕事をして稼いで、家を買って、妻子を養う、老後は妻とのんびり過ごす、というような人生観を持っている人が多いです。

ですから、夫は、外で仕事をしていれば満足で、妻は、自分に対してプレッシャーをかけてくるような妻でなければよい、ということになるのです。

だから、夫は、離婚する理由がない、となってしまうのです。


このように、モラハラ問題は、特殊な問題で、多くの事例を経験して深く分析している人でないと、理解が難しいです。

モラハラ問題でお悩みの方は、当事務所にご相談ください。
必ずお力になれると思います(お客様の声のページをご覧ください)。