有責配偶者の離婚請求について

「妻以外に好きな人ができてしまい、妻とは離婚し、新しい恋人と結婚したい」
という相談が当事務所には多くよせられます。
 
こういったケースを「有責配偶者からの離婚請求」といいます。
 
有責配偶者とは、婚姻関係の破綻の原因をつくってしまった側のことです。
破綻原因の代表的なものは「不貞(不倫)」です。
 
この「有責配偶者からの離婚請求」は簡単には認められません。
認められるには3つの条件が必要です。
 

1.長期の別居


別居期間が長くなれば、離婚が認められます。
どれくらいの別居期間が必要かは、それぞれのケースによって異なります。
 

2.未成熟子の不存在


未成熟子とは「経済的に自立できていない子」のことをいいます。
未成熟子にあたるかも判断は、未成年か否かが一つの目安ですが、仕事をしているか等によって事案に応じて判断されており、何歳以下は未成熟子という決まりはありません。
 

3.苛酷状態の不存在


相手方配偶者が離婚によって精神的、社会的、経済的に非常に苛酷な状況におかれないことが条件になります。
たとえば、配偶者が婚姻費用で生計を立てている場合などは、離婚によって経済的に過酷な状況におかれてしまうと判断されてしまう可能性があります。
 
このように、有責配偶者からの離婚を成立させるのは簡単なことではありません。
 
しかし、これらの条件はあくまでも「裁判」での話です。
お互いの話し合いの中で、双方が合意すれば離婚することができます
 
粘り強く交渉することで離婚できたケースも少なくありません。
 
「有責配偶者からの離婚請求」は受けていないという法律事務所もあるようですが、当事務所では有責配偶者からの離婚請求について、交渉のアドバイス等も行っております。
 
お気軽にご相談ください。