夫が不倫し離婚を求めてきたのに対し、夫の提示より大幅に高い条件を提示して夫の譲歩を引き出した事例


依頼者:30代・女性・無職    相手方:30代・男性・保険外交員
離婚理由:不貞           婚姻期間:4年    
子:2歳
 
【ご依頼の経緯】
依頼者の夫が不倫し、同居したまま、弁護士を代理人として離婚を求めてきました。
依頼者は、子が小さいこと等から進んで離婚する意思はなく、離婚するとしても夫の提示する条件には到底納得できず、当事務所にご依頼されました。
 
【受任後の活動】
夫は当初、養育費月額10万円、解決金1400万円を主張していました。
これに対し、当方は、養育費については、夫の年収を算定表にあてはめた金額より高い金額を主張しました。
 
解決金については、夫の財産が全て明らかではありませんでしたが、推測される夫の財産総額の2分の1に一般的な慰謝料を加えた金額より多い金額で、依頼者が納得できる金額を主張しました。

いずれも夫が応じなければ離婚には応じないと主張し、安易に譲歩しませんでした。

【結果】
短期間で夫の大幅な譲歩を引き出し、受任後約5か月で、養育費月額18万円を大学卒業まで支払い、解決金2700万円を支払う内容の協議離婚が成立しました。
 
【解決のポイント】
本件は、不倫の明白な証拠があり、夫が有責配偶者であることは明らかであったので、夫からの離婚請求は長期間の別居を経ないと認められません。
 
不倫している有責配偶者は、早く離婚したいという気持ちが強く、毎月の婚姻費用の支払いがさらにプレッシャーをかけるので、譲歩しやすい傾向にあります。
 
このような事案では、妻が納得できる条件を提示し、安易に譲歩しないことがポイントです。