不倫した夫からの離婚請求に対し依頼者の希望に沿った財産分与と慰謝料を獲得した事例(横浜市都筑区)

依頼者:30代・女性  職業:パート

婚姻期間13年  夫:会社員 子:なし

【ご依頼の経緯】

不倫した夫から離婚請求を受けたのに対し適正な慰謝料と財産分与を得るため依頼してきました。

 

【受任後の活動】

不倫した上で離婚を求めてきた夫に対し、財産を開示させて適正な財産分与を求めるとともに、依頼者が希望した400の慰謝料請求を行い交渉。財産分与については夫の退職金も、その対象とすることを求めました。

【結果】

財産分与については夫の退職金も含めて約500を支払うことになり、慰謝料については希望どおり400を支払うことになりました。

 

【解決のポイント】

本件のように、不倫した夫からの離婚請求は有責配偶者からの離婚請求となり、妻側が離婚に応じない限りは何時までも離婚請求が認められません。そのため妻側は財産分与や慰謝料交渉において有利な立場にたてます。本件でも夫の年齢からすれば必ずしも対象にされない退職金まで財産分与に含めた点、相場よりも多い400万を獲得した点で優位な立ち居地にいられました。