夫と不倫した女性に対して相手の提示する額より高額な慰謝料で和解できた事例

依頼者:40代・女性  職業:パート
 
【ご依頼の経緯】
夫と、不倫した女性に対し慰謝料を請求したいということで当事務所に依頼されました。
 
【受任後の活動】
訴訟外で慰謝料請求をしたのに対し、相手が支払いを拒否したため訴訟提起しました。
不貞行為の立証は十分に行ったことにより、相手は慰謝料を支払う責任を否定せず、慰謝料の金額と支払い方法の話し合いにすることになりました。
 
【結果】
相手が、慰謝料200万円を支払う内容の和解が成立しました。
 
【解決のポイント】
和解によって相手は、当初100万円を提示していましたが、不貞行為の立証ができていることを背景に交渉した結果、200万円の慰謝料で和解することができました。