女性の夫から過大な慰謝料を請求されたが、適正額で解決した事例(横浜市港南区)

依頼者:30代・男性  職業:会社員
 
【ご依頼の経緯】
依頼者が夫のいる女性と交際していたところ女性の夫から慰謝料を請求されました。
慰謝料を請求する訴訟を提起されたことから当事務所に依頼されました。
 
【受任後の活動】
依頼者が関係を持ったのは夫婦の婚姻関係が破綻した後であったため提示された額での慰謝料支払いの義務がないとして争いました。
 
【結果
請求金額から70万円減額することで和解が成立しました。
 
【解決のポイント】
依頼者は受任当初から慰謝料を支払う意志がありましたが、訴訟においてあえて責任が無いと争うことにより、和解を有利に進めることができました。