妻が養育費月額10万円、慰謝料550万円を受け取る内容の調停離婚が成立した事例

依頼者:30代・女性  職業:無職
婚姻期間:3年 子:2歳
 
【ご依頼の経緯】
依頼者の夫が、突然、不倫相手と同棲するために家を出ていきました。それまで夫婦関係は円満であったため、依頼者には離婚の意思はなく、夫婦関係を修復するため夫に話し合いを求めましたが、夫と連絡を取ることができず、当事務所に依頼されました。
 
【受任後の活動】
夫は当初、養育費は夫の収入を算定表にあてはめた金額、慰謝料は300万円を主張していました。
これに対し、当方は、養育費については算定表の金額より高い金額を、慰謝料は依頼者が納得できる金額を主張しました。

【結果
受任後約5か月で、養育費については月額10万円を子が20歳になるまで受け取り、慰謝料については550万円を受け取る内容の調停離婚が成立しました。

【解決のポイント】
不貞慰謝料の相場は200万円程度ですが、依頼者には元々離婚の意思がなく、夫が離婚を急いでいたことから、相場よりもはるかに高い金額で離婚調停が成立しました。

初回相談料0円 お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付:平日9:00~18:00 横浜港北法律事務所 メール受付
お一人で悩まずに、まずはご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付時間:9:00~18:00(土日・祝日応相談)