訴訟における和解で、240万円の支払いが認められた事例

               

慰謝料請求 性別 職業 相手方職業 証拠 慰謝料金額 手続き
求めた 会社員 会社員 メール 240万円 訴訟

 

 

【事案】

依頼者は妻と平穏な生活を送っていましたが、相手の男性が妻に頻繁にメールを送ってきたり、依頼者と妻が同居している自宅まで妻を誘いに来て外に連れ出すなど、積極的にアプローチし、その結果依頼者夫婦は離婚に至ったという事案です。

【解決】

500万円の支払いを請求する通知を出したのに対し、回答がなかったため、訴訟提起しました。訴訟では弁護士が付き、和解に向けて慰謝料の金額をいくらにするかが最大の問題になりました。裁判官は、240万円は高いという認識を示していましたが、こちらが譲歩せず、尋問に進んでも良いという強気な態度をとった結果、尋問を嫌がった相手の男性が、240万円での和解に応じました。