離婚に応じないと言っていたモラハラ加害者との間で、受任から11カ月で離婚が成立した事例

依頼者:30代・女性・医師     相手方:30代・男性・大学教員
離婚理由:夫からの精神的虐待     婚姻期間:7年半
子:5歳、2歳
 
【ご依頼の経緯】
相談者は、夫のモラハラに耐えられず、離婚を希望して別居しましたが、夫が離婚に応じなかったことから、当事務所に依頼されました。
 
【受任後の活動】
受任後、離婚調停と婚姻費用調停を申し立てました。調停において、夫は、最初は離婚に応じないと述べていましたが、弁護士がついて調停を起こしたことで、離婚意思の固さが伝わったこともあり、3回目くらいには、離婚を認めるようになりました。 夫が細かく面会の条件を定めることを要求してきたため、その調整のために期日を重ねました。当初は、月4回の面会を求めてきましたが、最終的には妻の希望通り月1回に決まりました。 その他、財産分与や婚姻費用についても、正確に主張、立証しました。

【結果
婚姻費用月額8万円、養育費月額3万円を受け取る内容で、離婚調停が成立しました。 妻の収入が夫より多く、財産がほぼ同程度だったため、財産分与はありませんでした。

【解決のポイント】
モラハラ加害者は、離婚に応じないことが最大の問題になるのですが、調停を起こしたことが功を奏しました。面会については、妻側の希望を粘り強く主張したことで、相手の譲歩を引き出しました。

初回相談料0円 お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付:平日9:00~18:00 横浜港北法律事務所 メール受付
お一人で悩まずに、まずはご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付時間:9:00~18:00(土日・祝日応相談)