約1700万円の財産分与の請求に対し、200万円で協議離婚が成立した事例(横浜市青葉区)

性別 年齢 相手年齢 職業 相手職業
女性 40代 40代 法人経営者(会社社長・開業医等)・自営業者 専業主婦・無職



 

離婚請求 同居中か別居中か 原因 未成年の子ども 手続き
求めた 同居中 性格の不一致・その他明確な原因無し
モラルハラスメント・精神的虐待・暴言
なし 協議




 

争点
 ■財産分与
  ・金融資産(預貯金・保険・株式等)
  ・不動産



 
 


【ご依頼の経緯】
依頼者は、夫が失業を隠したことや、暴言を吐かれたこと等から、離婚したいと考え、夫と離婚の話を直接したくなかったことから、当事務所に依頼しました。

【解決のポイント】
夫が約1700万円の財産分与を請求してきたのに対し、交渉により、最終的には200万円で合意しました。別居時の財産に、依頼者の特有財産が含まれることなどを資料を示して緻密に主張立証したことにより、依頼者の主張を認めさせることに成功しました。