28003)有責配偶者からの離婚請求

2015年10月28日

有責配偶者からの離婚請求

 裁判での離婚が認められるためには、民法770条1項1~5号に規定された離婚原因が、配偶者に存在していることが必要です。  では、自分には民法770条1項1~5号の離婚原因が存在するが、配偶者にはないという場合は、裁判で離婚を請求することはできないのでしょうか。  不倫した者の方から離婚を請求する場合などがこれにあたり... 続きはこちら≫

初回相談料0円 お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付:平日9:00~18:00 横浜港北法律事務所 メール受付
お一人で悩まずに、まずはご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付時間:9:00~18:00(土日・祝日応相談)