900)サイトマップ

2012年10月18日

モラルハラスメントについて

モラルハラスメント(モラハラ)について    モラルハラスメントとは簡単に言うと、家庭内におけるいじめのようなものです。 具体的には、精神的暴力や嫌がらせのことを指し、モラスハラスメントを行う夫をモラハラ夫と呼びます。   ドメスティックバイオレンス(DV)とは違い、実際に暴力を振るうわけではないのですが、言... 続きはこちら≫

2012年10月18日

DV被害者の心理

   DV被害を受けている多くの女性は、暴力を振るわれている最中は恐怖を感じているものの、 「これは本来の彼ではない。今が異常なだけであって、本来は優しい人なの」 と思ってしまいがちです。安定期にある男性を本来の「彼」だと思ってしまうのです。   そのため、また暴力を振るわれることへの恐怖や、逃げることの出来ない状況に... 続きはこちら≫

2012年10月18日

家庭内暴力はなぜ起こるのか

   ここでは、家庭内暴力が起こるまでの流れをご説明いたします。 家庭内暴力には、一定のサイクルがあり、蓄積期、爆発期、安定期の3つの期間から構成されています。 徐々にエスカレートしていくにつれ、これらの期間を循環するスピードも早まります。   以下が家庭内暴力のサイクルです。    1.蓄積期 優しかった安... 続きはこちら≫

2012年10月18日

家庭内暴力の種類について

   家庭内暴力としてあてはまるものをご紹介します。 身体的虐待を受けている場合には認識しやすいものの、精神的虐待は外から見ても気が付かないことが多々あり、ときには自分自身でさえ気が付かないことがあります。 家庭内暴力に該当する3つ ①身体的虐待 一方的な暴力行為を指し、例えば、部屋に閉じ込める、突き飛ばす、殴る、蹴る... 続きはこちら≫

2012年10月18日

弁護士と行政書士の違い

   より適切によりスムーズに離婚を進めるためには、行政書士ではなく弁護士が適任です。   行政書士と弁護士の違いが、一般の方にはなかなかわかりにくいかと思います。 弁護士は、法律事務全てについて業務を行うことができるので、ここまでしかできませんという限界はありません。つまり、離婚を考えたときに弁護士に依頼することで、... 続きはこちら≫

2012年10月18日

離婚に必要な5つの事由

   裁判離婚に必要な事由は下記の5つの離婚原因に分類されます。 言い換えれば、裁判離婚の場合ならば以下に記す5項目に該当する離婚原因があれば離婚が認められます。   裁判離婚における5つの事由とは 1.不貞行為    2.悪意の遺棄 3.3年以上の生死不明 4.回復の見込みがない強度の精神病 5.その他の婚... 続きはこちら≫

初回相談料0円 お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付:平日9:00~18:00 横浜港北法律事務所 メール受付
お一人で悩まずに、まずはご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付時間:9:00~18:00(土日・祝日応相談)