親権者・監護者

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分14秒です。

親権とは、「子の利益のために子の監護及び教育をする権利」のことです(民法820条)。この権利とともに、「子の利益のために子の監護及び教育をする」義務を負います。
具体的には、居所指定権(民法821条)、懲戒権(同822条1項)、職業許可権(同823条1項)が定められています。
また、「子の財産を管理し、かつ、その財産に関する法律行為についてその子を代表する。ただし、その子の行為を目的とする債務を生ずべき場合には、本人の同意を得なければならない。」と定められています(同824条)。

 

協議上の離婚をするときは、その協議で、父と母どちらか一方を親権者と定めます(民法819条1項)。
協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、父もしくは母は、家庭裁判所に協議に代わる審判を請求することができます(民法819条5項)。
裁判上の離婚の場合は、裁判所が親権者を決定します(民法819条2項)。

 

子の利益のため必要があると認めるときは、家庭裁判所は、子の親族の請求によって、親権者を他の一方に変更することができます(民法819条6項)。

 

The following two tabs change content below.
アバター

弁護士 松平幹生(神奈川県弁護士会所属)

当事務所は、離婚に特化し、離婚問題全般に力を入れていますが、中でも、モラルハラスメントの問題の解決に積極的に取り組んでいます。 離婚で相談にお越しになる方の中には、モラルハラスメントで苦しんでいる方が多くいらっしゃいますが、そのような方が、その苦しみから解放されて自由になるため、力になりたいと思っています。 当サイトにはじめてアクセスされた方はまずはこちらをお読みください。 弁護士紹介/ パートナーと離婚したい方へ/ パートナーに離婚したいと言われた方へ
アバター

最新記事 by 弁護士 松平幹生(神奈川県弁護士会所属) (全て見る)

モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング