家庭内暴力の種類について

IMG_87860025.jpg    家庭内暴力としてあてはまるものをご紹介します。

身体的虐待を受けている場合には認識しやすいものの、精神的虐待は外から見ても気が付かないことが多々あり、ときには自分自身でさえ気が付かないことがあります。

家庭内暴力に該当する3つ

①身体的虐待

一方的な暴力行為を指し、例えば、部屋に閉じ込める、突き飛ばす、殴る、蹴る、押さえつける、物を投げつけるなどがあてはまります。
 

②精神的虐待

相手にストレスとなる行為を繰り返し行うことを指します。行動を監視する、子どもや身内を殺すなどと脅す、日常的に罵る、無視する、ペットを虐待して見せるなどがあげられます。また、狂言自殺など(別れるなら死ぬという)も含まれます。
 

③性的虐待

相手の気持ちを無視した、一方的に行う性的な侵害行為のことを指します。異常に嫉妬する、性交の強要などがあげられます。
 
 
自分自身が家庭内暴力を受けていることに気がつかないケースもありますので、少しでももしかしたらと感じた方は、まずはご相談ください。

初回相談料0円 お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付:平日9:00~18:00 横浜港北法律事務所 メール受付
お一人で悩まずに、まずはご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付時間:9:00~18:00(土日・祝日応相談)