お問い合わせ

※メールでは法律相談のご予約のみ受け付けています。

 

メールではご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多いです。 ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと 当事務所は考えております。

 

ご面倒でも一度、法律相談のご予約をお願いします。

 

※携帯電話のメールアドレスをご記入いただいた場合、パソコンのアドレスからのメールを受け付けない設定になっていることがあり、当事務所からのメールが届かないことがあります。設定を変更するか、パソコンのメールアドレスをご記入いただけると幸いです。

 

お名前*

(例:山田 太郎)
お名前 (カナ)

(例:ヤマダ タロウ)
Eメール*

(例:xxxxxx@xx.xx)
郵便番号

(例:123-4567)
住所

(例:○○県○○市○○町 ○○)
電話番号*

(例:00-0000-0000)
FAX番号

(例:00-1111-1111)
お問い合わせ内容
※お客様の相談希望日時を複数ご記入ください。お問い合わせいただきましたら、弊所より確認のご連絡をさせていただきます。
※以下のご質問にお答えいただけましたら幸いです。
①現在、同居中でしょうか、別居中でしょうか。
②同居している(していた)自宅の住所をご記入ください(別居中の場合は、別居先の住所もご記入ください)。
③離婚を希望しているのは、どちらでしょうか。
※トップページに記載してあるとおり、当事務所は、離婚を求められている方のご相談は取り扱っておりません。
※当事務所では、離婚を決意していない方からのご相談はお受けしておりません。離婚を決意していないというのは、離婚したい気持ちが強いが、迷いがあり、離婚しない可能性もある、という方も含みます。詳しくはリンク先をお読みください。
④どちらかに異性関係はありますか(予想でも構いません)。
⑤離婚の理由を簡潔にお書きください。
ご確認
ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?

今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

The following two tabs change content below.
アバター
当事務所は、離婚に特化し、離婚問題全般に力を入れていますが、中でも、モラルハラスメントの問題の解決に積極的に取り組んでいます。 離婚で相談にお越しになる方の中には、モラルハラスメントで苦しんでいる方が多くいらっしゃいますが、そのような方が、その苦しみから解放されて自由になるため、力になりたいと思っています
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング