弁護士費用

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分41秒です。

※当事務所では、離婚請求者の案件を専門で取り扱っています。離婚を求められている方のご相談はお受けしておりませんので予めご了承ください

相談料金

初回相談1時間無料
2回目以降、15分 2,500円(税込2,750円) 
※相談は、予約の関係上、1時間までとさせていただきます。(1時間で必要な相談が終わらないことはありません。)

 

離婚協議書作成

一般的な条項の場合 10万円(税込11万円)
※一般的でない条項が入る場合 1争点につき4万円(税込4万4千円)

 

継続相談プラン

3か月/10万円(税込11万円)

※依頼者様自身による離婚協議・調停・訴訟を相談・助言によりフォローします。(電話・メールによる相談も可)

※フルサポートプランへ移行した場合、継続相談プランにかかった費用を着手金に充当します。

※1か月延長するごとに3万円(税込3万3千円)

※調停申立書を作成する場合(離婚、婚姻費用、面会等)1件につき4万円(税込4万4千円)

  

フルサポートプラン(代理を含む)(離婚準備、協議、調停、訴訟サポート)

 ■ 着手金


40万円(税込44万円)


※協議・調停から訴訟へ移行した場合はプラス10万円(税込11万円)

※子の親権・監護者・引渡し・面会交流が争いになり、保全を申し立てられた場合、または、調査官調査を実施した場合(もしくはそれに匹敵する程度に本格的な争いになった場合)はプラス10万円(税込11万円)


 ■ 報酬金

 

40万円(税込)+経済的利益に基づく報酬金額(下の表記載の通り)

経済的利益

~300万円 300万円~3000万円 3000万円~3億円
経済的利益に基づく報酬金額

16%

(税込17.6%)

10%+18万円

(税込11%+19万8千円)

6%+138万円

(税込6.6%+151万8千円)


※訴訟を経た場合はプラス10万円(税込11万円)


※子の親権・監護者・引渡し・面会交流が争いになり、保全を申し立てられた場合、または、調査官調査を実施した場合(もしくはそれに匹敵する程度に本格的な争いになった場合)はプラス10万円(税込11万円)


※養育費及び婚姻費用の経済的利益は合意金額の2年(※)分(支払月数が2年(※)未満のときは支払月数分)とします。 

 (※)支払う側の場合は7年

 
            
The following two tabs change content below.
アバター

弁護士 松平幹生(神奈川県弁護士会所属)

当事務所は、離婚に特化し、離婚問題全般に力を入れていますが、中でも、モラルハラスメントの問題の解決に積極的に取り組んでいます。 離婚で相談にお越しになる方の中には、モラルハラスメントで苦しんでいる方が多くいらっしゃいますが、そのような方が、その苦しみから解放されて自由になるため、力になりたいと思っています。 当サイトにはじめてアクセスされた方はまずはこちらをお読みください。 弁護士紹介/ パートナーと離婚したい方へ/ パートナーに離婚したいと言われた方へ
アバター

最新記事 by 弁護士 松平幹生(神奈川県弁護士会所属) (全て見る)

モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング