モラハラコラム

2018年07月20日

なぜ、モラハラに力を入れるのか

なぜ、モラハラに力を入れるのか モラハラで離婚の相談に来る方の家庭は、一見すれば、普通の幸せそうな家庭に見えると思います。そういった家庭で、夫婦の一方だけが、離婚しかないと思わされるほどの苦しみを抱いているというのは、驚くべき事実です。私は、離婚相談を多くしていて、そのような家庭が多く存在することを知り、モラハラ問題は... 続きはこちら≫

2018年06月08日

モラハラ夫・妻は外ではいい人で通っている

モラハラ夫・妻は、外ではいい人で通っている場合がほとんどです。「外面(そとづら)がいい」のです。これが、モラハラを受けている人の苦しみを増やす一因となっています。モラハラを受けている人からすれば、モラハラ夫・妻が、外でも同じようなモラハラ的言動をして、みんなが、「あいつはひどい人間だ」と思っていれば、まだ気持ちが救われ... 続きはこちら≫

2018年06月08日

モラハラ夫・妻とのコミュニケーションの取り方

モラハラ夫・妻に対しては、下手に出るのは避けた方がよいです。日本人は、お互いが下手に出ることで、対人関係の摩擦を回避しようという美徳があると思います。モラハラを受けてしまうような人は、特にこの傾向が強いです(それは、親から受け継いだものだったりします)。これは、悪いことではなく、多くの場合は、対人関係を円滑にする効果が... 続きはこちら≫

2018年06月08日

自覚なく人を傷つけることの恐ろしさ

苦しめている自覚がない これは、考えてみれば、非常に恐ろしいことです。モラハラは、肉体的暴力がなく、外からは見えない密室で起きるため、一見、その問題の深刻さがわかりにくい問題だと思います。しかし、相手が苦しんでいるのに、加害者側に、苦しめている自覚がないということが、モラハラの本質的な問題だと思います。自覚がないため、... 続きはこちら≫

2018年06月08日

相手中心ではなく自分(=I)中心で考えるべき

自分がどうしたいかが大事 モラハラの被害を受けていると、その被害や苦しい状況をいかに避けるか、どうすれば相手が加害を止めてくれるのか、どうすれば夫婦関係を改善できるか、はたまた改善は不可能なのか、別居や離婚しかないのか、そうであればいつ別居していつ離婚するか、別居や離婚を言い出したら相手はどんな反応をするか、などなど、... 続きはこちら≫

2018年06月08日

モラハラ夫・妻の得意な切り返し方

「お前だって」=争点の切り替え モラハラ夫・妻は、配偶者と話していて、自分が都合が悪くなると、「争点のすり替え」という切り返しをすることが多いです。   モラハラを受けている人が、状況を良くしようとして、意を決してモラハラ夫・妻の悪い点を指摘すると、「お前だってこれこれの点が悪い」と切り返してきます。... 続きはこちら≫

2018年06月08日

責めるの大好き人間

モラハラ夫・妻は、責めるの大好き人間だと思います。咎める(とがめる)、と言ってもいいです。とにかく、「あなたのここが悪い」と指摘するのが大好きです。普通に生活していても、何かというと、配偶者の悪い点を指摘して責めてきます。これをされると、言われる方は、気持ちが落ち着かないと思います。何をしても責められるような気がして、... 続きはこちら≫

2018年06月08日

養ってやってるというのが誇り

モラハラの相談者の話をきいていると、モラハラ夫は、「養ってやってる」ということを異常に強調する人が多いです。妻子を養っていることにすごく誇りを持っていて、それを妻子に対して強調してきます。妻子も、生活費を稼いでくれることには感謝していても、それを恩着せがましく強調されると、辟易してしまいます。さらに悪いことに、モラハラ... 続きはこちら≫

2018年06月08日

モラハラ夫・妻の生育環境と人生観

生育環境 モラハラの相談者から話をきいていると、モラハラ夫・妻は、「親から甘やかされている」と指摘する場合が多いです。   両親のうちの片方である場合が多く、夫の場合は母親の場合が多いです。 この状況を見て、モラハラ夫のことを、「マザコン」とみなしている人も多いです。   甘やかされて育ったために、... 続きはこちら≫

2018年06月08日

モラハラ夫・妻とモラハラを受けている人の性格

モラハラを受けている人の性格~内罰的、ポジティブ、建設的 モラハラを受けている人は、問題が起きたとき、自分が悪いと思いやすい、内罰的な性格をしている人が多いです。   ただ、これは悪いことではなく、自分を改善することで問題を解決しようというポジティブで建設的な性格の現れです。   モラハラを受けてい... 続きはこちら≫

初回相談料0円 お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付:平日9:00~18:00 横浜港北法律事務所 メール受付
お一人で悩まずに、まずはご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付時間:9:00~18:00(土日・祝日応相談)