お客様の声(令和3年2月)

養育費減額請求案件・妻

※事件の具体的内容が記載してある部分をマスキングしてあります

 

この度は、本当にお世話になりました。
離婚後、精神的にも経済的にも辛いなか、母子で生活を立て直してきたところに、相手からの養育費の減額請求があり、ご相談させていただきました。
割り切れない思いと当時の悔しさを思い出しながらの調停となりました。


当初、収入減少の客観的資料も出さない不誠実な対応と、資料がないにもかかわらず「減ってるらしいから仕方ないのでは?」と言う調停員とのやり取りを通し、もう何を言っても無駄なのかも….という気持ちになりました。
減額となっても、自分が納得できる結果となった方がいいのでは?との気持ちを汲んでくださり、先生にお願いすることができました。
先生にご相談するなかで、冷静なアドバイスをいただけ、自分がどうしたいのか整理することができたと思います
メールでの質問に対しても、丁寧にご回答いただき、感謝しております
また、調停の進め方についても、丁寧にご説明いただき、安心してお願いすることができました
弁護士(信頼できる)がついてくださるということは、こんなにも不安がなくなるのかと感じました
コロナ禍で調停の設定時期も間が空いてしまいましたが、長い調停期間を乗り切れたのは、先生がいてくださったからだと思います
調停結果についても大変満足できるものであり、やはり先生にお願いしてよかったと思いました
お願いせず合意してしまった場合、「あの時こうすればよかった….」と悔いが残り、今回のような結果にはならなかったと思います。
子どもも思いやりのある優しい子に育っています。
離婚して本当に良かったと思えます
子どものこれからの生活や将来を守っていただきました。本当にありがとうございました。

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

松平幹生

当事務所は、離婚に特化し、離婚問題全般に力を入れていますが、中でも、モラルハラスメントの問題の解決に積極的に取り組んでいます。 離婚で相談にお越しになる方の中には、モラルハラスメントで苦しんでいる方が多くいらっしゃいますが、そのような方が、その苦しみから解放されて自由になるため、力になりたいと思っています
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング