お客様の声(令和4年5月)

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分45秒です。

離婚案件(モラハラ案件)・夫

 

一通り調停による離婚が完了となり、諸々大変お世話になりました。

 

はじめて相談にのってもらった時は、自分はほとんどどうしていいのか分からず、知識もインターネットで調べて中途半端に得たような状態でした。
そのような状態で自分は、妻の暴言や、妻が自分に対してしてきたことの証拠を、自分なりに準備したりしていて、これで離婚できるのか? そんなことは可能なのか? というような気持ちでいました。

 

そのような自分に対して、過去の事例としてどういうケースがあったのか、どういう流れになりそうなのか、気持ちとしてどうあればいいのかなどを一つずつ案内していただき、大変助かりました

 

自分のように離婚を進めようと考えた時、多くの人はそのように弁護士さんに何かをお願いするというケースは、そんなにあるわけでは無いであろうと思われます。
そして、そんなときに離婚をしようとする当人は、一体どうしたらいいのか、それでいいのかという不安を抱えていることが多いかと思います。自分はそうでした。

 

一般的にどうなのかは分からない、いや、それはきっと弁護士さんそれぞれで異なるのであろうと想像されますが、自分にとっては、松平さんの、冷静に、あくまで客観的にどういう流れになるか、どうなる可能性があるのか、こういう時のモラハラの人の特徴や考え方を教えて下さり、どうすべきかと流れを先導してくれる姿勢は、専門家ならではの安心感を与えてくれるものでした。

 

ありがとうございます。

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

弁護士 松平幹生(神奈川県弁護士会所属)

当事務所は、離婚に特化し、離婚問題全般に力を入れていますが、中でも、モラルハラスメントの問題の解決に積極的に取り組んでいます。 離婚で相談にお越しになる方の中には、モラルハラスメントで苦しんでいる方が多くいらっしゃいますが、そのような方が、その苦しみから解放されて自由になるため、力になりたいと思っています。 当サイトにはじめてアクセスされた方はまずはこちらをお読みください。 弁護士紹介/ パートナーと離婚したい方へ/ パートナーに離婚したいと言われた方へ
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング