不動産の財産分与

不動産の財産分与について述べます。

現金と違い、価値の評価が難しいうえ、ローンの問題が絡むこともあり協議が複雑になることが多いです。
ローンがない場合は、話し合いの上で、どちらかが居住し続けるか、売却して利益を二分する場合がほとんどです。

問題は、ローンがある場合です。よく起こるのが次の3つの事例です。
イメージしやすくするため、夫が住宅の名義人でありローンの支払いをしているものとします。

1つ目は、家を売却し、売却益を分ける場合です。
このときは、家を売却し、売却益からローン残高を差し引いた額が財産分与の対象となります。
売却後もローンが残ってしまった場合、その残高が財産分与の対象となります。

2つ目は、家は夫の名義のままで夫がそこに住み続け、妻に金銭を支払う場合です。
家は夫の名義のままで、夫が続けて残りの住宅ローンを支払い、夫がそこに住み続ける方法です。
この場合、不動産の評価額からローンの残高を引いた額を財産分与の対象と考え、家を出て行く妻に金銭などを分与します。

3つ目は、妻が住み続けるが、名義とローンの返済は夫のままである場合です。
賃借権を設定して妻から家賃を取る方法や、使用借権を設定して妻に無料で住んでもらう方法などがあります。

3つ目の分与に伴う問題点として、夫が経済的にローンを支払えなくなったときに、妻が退去を迫られる可能性があります。

初回相談料0円 お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付:平日9:00~18:00 横浜港北法律事務所 メール受付
お一人で悩まずに、まずはご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付時間:9:00~18:00(土日・祝日応相談)