妻が財産分与として900万円を受け取る内容の調停離婚が成立した事例(横浜市西区)

依頼者:50代・女性・専業主婦      相手方:50代・男性・会社員
離婚理由:夫からの精神的虐待     婚姻期間:4年
未成年の子:なし
 
【ご依頼の経緯】
依頼者は夫からのモラルハラスメント(「バカ」「ババア」等の暴言や、鉢植を床に投げつける等の暴力)に耐えられず、離婚を決意しました。適正な婚姻費用と財産分与の支払いを求めて当事務所にご依頼されました。
 
【受任後の活動】
依頼者から離婚を求めたのに対し、夫は弁護士をつけて離婚に応じないと争ってきました。これに対し、婚姻費用分担請求調停と離婚調停を申し立てました。調停で適正な婚姻費用の金額が決まり、離婚原因について、写真で立証する等した結果、夫が離婚に応じることになりました。
その後、財産分与の話になり、退職金の金額、夫が親から贈与を受けたというお金の特有財産性、財産形成に対する寄与度等が争点になりました。夫の主張に対し、反論、立証することにより、夫の主張をほとんど退けることに成功しました。
 
【結果
妻が財産分与として900万円を受け取る内容の調停離婚が成立しました。
 
【解決のポイント】
モラルハラスメントの事案では、夫が離婚に応じないと言ってくるケースがほとんどです。 その場合の対応は、事案によって変える必要がありますが、本件のように、モラルハラスメントの程度が客観的にひどい場合は、実際にあった事実を、ストレートに主張、立証するのが有効なことがあります。
また、財産分与については、本件では婚姻期間の割に貯金した金額が多かったため、夫は激しく争ってきました。しかし、相手の弁護士の主張に対し、積極的な反論を行うことで、夫側の主張をほとんど退けました。

≫≫解決後にいただいたご依頼者様の声はこちら

The following two tabs change content below.
アバター

弁護士 松平幹生(神奈川県弁護士会所属)

当事務所は、離婚に特化し、離婚問題全般に力を入れていますが、中でも、モラルハラスメントの問題の解決に積極的に取り組んでいます。 離婚で相談にお越しになる方の中には、モラルハラスメントで苦しんでいる方が多くいらっしゃいますが、そのような方が、その苦しみから解放されて自由になるため、力になりたいと思っています。 当サイトにはじめてアクセスされた方はまずはこちらをお読みください。 パートナーと離婚したい方へ/ パートナーに離婚したいと言われた方へ
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング