妻からの過大な要求に対し、適正額で解決した事例(横浜市港北区)

依頼者:40代男性 職業:会社員
婚姻期間18年 妻:会社員 子:16歳、14歳
 
【ご依頼の経緯】
依頼者は妻からのモラルハラスメントに耐えられず、家を出て妻と別居しました。その後、別の女性と交際を始めたところ、それを妻から指摘され、住宅ローンを全額払えという過大な要求をされたかことから当事務所に依頼してきました。
 
【受任後の活動】
妻は依頼者が不倫しているとして、当初、夫名義のマンションを妻に名義を移転した上で残りのローンを全額支払えと過大な要求してきました。これは金額にすると約3,000万円になります。これに対し当職は、女性との関係は別居後だと主張するとともに、財産分与については2分の1ずつ分けると粘り強く交渉を行いました。
 
【結果】
財産分与については2分の1とすることで解決に至りました。
 
【解決のポイント】
夫が不倫したことで妻は過大な要求をしてきましたが、それに対しては安易に譲歩することなく、2分の1の金額を提示することで解決に至りました。