親権に関し弁護士をつけるべき理由

1 親権の争いは負けられない争いである

親権の争いは、他のお金の問題と違い、負けられない争いだと思っています
養育費や財産分与の問題ももちろん重要ですが、負ければゼロになるわけではなく、お金が増えたり減ったりという問題です
これに対し、親権の争いは、とるかとられるか、二択の問題ですから、とれるべきものがとれないということがあってはならない争いです

多いのは、同居中から母親が監護養育し、普通に考えたら母親が親権者になるべきケースで、夫側が親権を欲しいと争ってくるケースです
また、当事務所では、父親側が親権を得たケースも、何件か扱ったことがあります
父親側が親権を得たケースは、父親が親権を得るのがふさわしいと思える事案でした
いずれにせよ、親権を得るのがふさわしいケースで、万が一にでも親権を得られないということは、あってはならないと考えられます

親権を主張する相手は、親権をとろうと必死で、なりふり構わず、育児が不十分であったとか、虐待をしたとか、場合によっては不倫をしたなど、こちらの悪い点をあげつらって攻撃してくることが多いです
そのような攻撃に対し、自分が親権者としてふさわしいことをしっかりと主張・立証して、親権を確保する必要があります

2 親権者・監護者を決める手続き

親権の争いは、実際は、別居中に「監護者」(同居して世話をする人)の争いという形で現れることが多いです
親権を裁判所が決める場面は、訴訟になりますが、訴訟で最後の最後まで親権が争われるというケースは実際は少ないです
その前の段階で、別居中に、「監護者」をどちらにすべきか、という形で争いになります。
ここで勝った方が、親権をとれると考えて、ほぼ間違いないと言えます
ですから、「監護者」の争いは、実質的には親権者の争いとして、極めて激しく争われることが多いです

そして、監護者を決める手続きとしては、調停と審判があります
さらに、審判と同時に保全処分を申し立てるという方法があります
保全処分とは、審判で結果が出るまで時間がかかるので、それまでの法律関係を仮に決めるという手続きで、手続きが早く進み、早く結論が出るのが特徴です

3 調停・審判で争うには、高度な知識・ノウハウが必要

2で述べたとおり、親権が本格的に争われる場合は、裁判所での争いになります

このうち、審判と保全処分の手続きは、訴訟と同じで、弁護士をつけないで自分でやるという選択肢はないと思われます
裁判所が定めた期限内に、必要十分な主張書面や証拠をきっちり出していかなければなりません
裁判官が判断するので、裁判官にわかるように主張や証拠を出す必要があり、これには、高度な専門的知識が必要です

これに対し、調停は話合いですが、相手が本格的に争っている場合は、調査官調査が入ります(調査官調査は、審判でも当然入ります)
調査官調査とは、裁判所調査官という、家庭問題専門の裁判所職員が、調査をして、意見を述べるというものです
最終的な判断権は裁判官にありますが、裁判官は、実際に調査にあたった調査官の意見を尊重しますので、調査官の意見が、ほぼ裁判官の意見になると考えてよいです

ですから、親権の争いでは、調査官に、「自分が親権者としてふさわしい」ことを認めてもらうことが、最重要となります

そして、この調査官調査で調査官に認めてもらうためには、高度な知識・ノウハウが必要になります

4 調査官調査の実際

調査官調査では、当事者と子どもの面談の他、学校や幼稚園の先生からの聞き取りなどが行われます
この面談にあたり、どういう心構えで臨むかは、重要です
そして、心構えをするうえでは、裁判所(調査官)はどういう人を親権者としてふさわしいと考えるか」を知っている必要がありますから、弁護士のアドバイスが必要となります
また、調査官からは、答え方によっては不利になる質問がなされることがありますから、弁護士が同席し、代わりに答えるなどすることが有効です

この他、調査官調査では、「陳述書」というのを提出します
陳述書では、子どもの生活の状況や、同居中の状況など、記載する項目について裁判所からの指定があります
また、母子手帳など、陳述書と一緒に提出すべき資料も指定されます
こう説明すると、弁護士をつけずに自分でもできそうですが、そんなことはありません

まず、裁判所から指定された項目以外についても、自分に有利なことは、バンバン記載すべきです
例えば、同居中の相手の悪い点など、調査官の印象を左右することは、バンバン記載すべきです
相手の不倫など、親権とは理論的に関係ないかもしれませんが、記載すれば、印象は変わるはずです
おそらく、自分でやると、裁判所から指定された項目について、律義に記載するだけの書面ができあがるのではないかと思いますが、それ以外のことも、バンバン書いていいんです
バンバン書くとして、そこにどういうことを書けば有利になるかの判断は難しいので、弁護士に依頼すべきです

次に、裁判所から指定があった証拠以外でも、有利と思われる証拠は、バンバン出すべきです
例えば、別居後、子どもがいかに穏やかに暮らしてるかがわかるような写真などです
写真は、ビジュアルで感覚的にわかりますから、印象を左右できると思います
裁判所からの指定には写真などありませんから、弁護士に依頼しなければ、そういった発想が浮かばないのではないかと思います

このようにして、自分が親権者としてふさわしんだ、という熱い気持ちのこもった迫力ある書面・証拠をドーンと提出するのです
これをするには、弁護士に依頼した方よいと思います
そのようにした結果、私は、これまで、調査官調査が入ったケースでは、有利な結果を得たことが多いです

5 まとめ

上記のような陳述書や証拠の出し方は、すべての弁護士にとって当たり前の事柄ではありません
私が、多数の案件を経験していく中で、発展させたものです
ですから、親権の争いで悩んだ場合は、是非一度当事務所にご相談いただければと存じます