相手の不貞が原因で別居し、訴訟で財産分与として2000万円と自動車を受け取る内容の和解離婚が成立した事例(横浜市金沢区)


性別 年齢 相手年齢 職業 相手職業
女性 40代 40代 専業主婦・無職 給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)




 

離婚請求 同居中か別居中か 原因 未成年の子ども 手続き
求めた 同居中
配偶者の浮気・不倫・不貞行為
モラルハラスメント・精神的虐待・暴言
なし 訴訟



 

争点
 ■相手が離婚に応じない
 ■財産分与
   ・金融資産
   (預貯金・保険・株式等)
   ・不動産
   ・退職金









 


事案


ご依頼者は、夫の不貞とモラハラに苦しみ、離婚を決意して別居しましたが、相手が離婚に応じなかったため、当事務所にご相談にお越しになりました。



解決


訴訟で,解決金として2000万円を受け取る,自動車の名義移転をする内容の和解離婚が成立しました。
   
  離婚 財産分与
弁護士介入前 応じない 提示なし
弁護士介入後

訴訟で和解離婚が成立

  ・2000万円
  ・自動車の名義移転

 


弁護士の視点

 

相手には、無視する,「洋服だけは若い」「大おばさんなのにね」と侮辱する暴言を吐く,生活費の通帳を隠すといったモラハラ的言動がありました。そのうえ、不倫もしていました。これに対し、ご依頼者が別居して離婚を求めると、離婚に応じようとしませんでした。相手は、調停では、離婚には応じましたが、財産分与を争っていました。ご依頼者の婚姻前の預金で自宅マンションを購入しており、特有財産があるという点が争点となっていました。

不貞の証拠が明らかだったため、訴訟で進めることとし、財産分与について、必要な立証をした結果、こちらの特有財産の主張もすべて認められ、適正な金額を得ることができました。

また、不倫相手の女性からも慰謝料を受け取りました。

 

 ≫≫解決後にいただいたアンケートはこちら