離婚と氏

 婚姻の際に氏(名字)を改めなかった配偶者は、離婚後も氏を変更することはありません。

 婚姻の際に氏(名字)を改めた配偶者は、離婚により婚姻前の氏に戻ります(民法767条1項・同771条)。
 しかし、婚姻によって氏を変更した者が離婚と同時、もしくは離婚から3か月以内に役所に届出をすれば、婚姻中に使用していた氏を名乗れます(民法767条2項、戸籍法77条の2)。これを、婚氏続称といいます。
 つまりは、離婚後は手続によって婚姻前・婚姻中どちらの氏を名乗ることも可能です。

 離婚後3か月以上経ってしまったが、氏を婚姻中のものに、もしくは婚姻後のものに戻すためには、家庭裁判所に「氏の変更許可の申立て」を行うことになります(戸籍法107条1項)。
 この場合、氏を変更するための「やむを得ない事由」が必要です。「やむを得ない事由」とは、変更を認めなければ社会生活上困るような客観的な事情が必要とされています。

 判例では、離婚により婚姻前の氏に戻した者が、離婚後余り日時の経過しない時期に婚氏に戻す場合であれば、人の同一性が失われ社会が混乱するという実害は少ないのであるから、「やむを得ない事由があるものとして許可するのが相当である」と判断されました(東京高決平成元年2月15日家月41巻8号177頁)。