800万円の請求に対し、約1か月半で180万円まで減額した事例

               

慰謝料請求 性別 職業 相手方職業 証拠 慰謝料金額 手続き
求められた 会社員 主婦 争いなし 180万円(620万円減額、分割) 協議

 

 

【事案】

依頼者は妻子ある男性と知り合い、2人きりで食事に行くような関係になりました。男性が性交渉を求めてきたのに対し、依頼者は男性に妻子があることから、拒否しました。その後、男性は、妻と離婚したと述べたことから、依頼者は性交渉をもつようになりました。その後、男性の妻から、慰謝料800万円の支払いを求める通知を受けました。調べてみると、男性はまだ離婚していなかったことが判明したという事案です。

【解決】

受任後、妻の代理人に対し、男性から離婚したと聞いていたので、損害賠償責任はないと主張しつつ、解決金であれば支払うと提案し、800万円からの減額交渉をしました。その結果、金額は180万円まで大幅に減額することに成功し、依頼者にお金がないことから、分割で支払うことも認めさせることができました。
受任から約1か月半で解決することができました。

初回相談料0円 お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付:平日9:00~18:00 横浜港北法律事務所 メール受付
お一人で悩まずに、まずはご相談ください。 TEL:045-910-0703 受付時間:9:00~18:00(土日・祝日応相談)