婚姻期間中の負債の全額負担を要求してきた夫と財産分与なしで離婚が成立した事例(横浜市青葉区)


性別 年齢 相手年齢 職業 相手職業
女性 30代 30代 給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)
給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)




 

離婚請求 同居中か別居中か 原因 未成年の子ども 手続き
求めた 別居中
モラルハラスメント・精神的虐待・暴言 あり 調停



 

争点
 ■相手が離婚に応じない
 ■財産分与
   ・金融資産





 


事案


ご依頼者は、夫のモラハラが原因で別居しましたが、夫が離婚に積極的でなく、婚姻中の夫婦の負債をすべて払えといった到底応じられない要求をしてきました。夫と話すこと自体が怖い、ストレスが大きいということで、当事務所にご依頼されました。 


解決


婚姻中の夫婦の負債の全額の負担を要求されましたが、その要求は取り下げられました。
   
  離婚 財産分与
弁護士介入前 応じない 婚姻中の夫婦の負債の全額の負担を要求された
弁護士介入後

調停で離婚が成立

相手からの要求取下げ

 


弁護士の視点


受任後、相手に弁護士がついた結果、離婚の方向に進みました。こちらが弁護士をつけると、相手も弁護士をつける可能性が高まります。相手に弁護士がつくと、離婚に進む可能性が高まります。相手に弁護士がつくことを恐れる人がいますが、相手に弁護士がついた方が、離婚に応じやすくなり、また、条件交渉もスムーズに進みやすくなります。
相手は、ご依頼者に対し、婚姻期間中の夫婦の負債の全額を負担しろと要求しました。これに対し、負担する義務がないとして、毅然として拒否した結果、最終的に要求は取り下げられました。


 ≫≫ご依頼者様が受けていたモラハラの具体的な内容はこちら



The following two tabs change content below.
アバター

松平幹生

当事務所は、離婚に特化し、離婚問題全般に力を入れていますが、中でも、モラルハラスメントの問題の解決に積極的に取り組んでいます。 離婚で相談にお越しになる方の中には、モラルハラスメントで苦しんでいる方が多くいらっしゃいますが、そのような方が、その苦しみから解放されて自由になるため、力になりたいと思っています
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング