離婚に応じなかったモラハラ夫から、離婚の合意を早期(1か月未満)に得て、財産分与として900万円を受け取った事例(横浜市港南区)


性別 年齢 相手年齢 職業 相手職業
女性 60代 60代 専業主婦・無職 給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)




 

離婚請求 同居中か別居中か 原因 未成年の子ども 手続き
求めた 別居中
(1か月未満)
依頼者が出た
モラルハラスメント・精神的虐待・暴言 なし 協議



 

争点
 ■相手が離婚に応じない
 ■財産分与
   ・金融資金(預貯金・保険・株式等)





 


事案


ご依頼者は、夫のモラハラに耐えられず、離婚したいとのことで、ご相談にお越しになりました。
ご相談者は、夫から、何時間も一方的に話し続けたり、執拗に同じ質問を繰り返したり、「社会の悪だ」という暴言を吐き、最後は自慢で終わる、といったモラハラ行為を受け続け、そううつ病となり、寝たきりのような状態になってしまいました。
そのため、夫との交渉に不安があるということで、当事務所にご依頼され、当事務所が、代理人として夫と交渉することになりました。


解決


交渉の結果、ご依頼者が夫の預貯金の2分の1(900万円程度)を受け取る内容の協議離婚が成立しました。
   
  離婚 財産分与
弁護士介入前 応じない 提示なし
弁護士介入後 協議で離婚が成立 約900万円を受け取る

 


弁護士の視点


弁護士が夫と電話で交渉した結果、離婚に応じないと言っていた夫から、早期に離婚の合意を得ることができました。弁護士をつけることで、離婚意思が明確に相手に伝わるという効果があり、相手が離婚に応じる可能性が高まります。
財産分与の金額に争いがあり、夫は、ご依頼者の希望金額の支払いになかなか応じようとしませんでした。
そこで、調停や訴訟になった場合、双方の財産を開示して正確な金額を算出することになり、財産分与金額が高くなる可能性があることを示して、強気で交渉した結果、ご依頼者の希望金額の支払いに応じさせることに成功しました。


 ≫≫ご依頼者様が受けていたモラハラの具体的な内容はこちら