離婚に応じないと主張し、全く連絡が取れなくなった夫に訴訟提起し、和解離婚が成立した事例(横浜市保土ヶ谷区)


性別 年齢 相手年齢 職業 相手職業
女性 20代 30代 専業主婦・無職 給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)




 

離婚請求 同居中か別居中か 原因 未成年の子ども 手続き
求めた 別居中
(1か月未満)
依頼者が出た
その他 あり 訴訟



 

争点
 ■相手が離婚に応じない



 


事案


ご依頼者は、夫の借金などを理由に離婚を求めましたが、夫が離婚に応じなかったため、当事務所にご依頼されました。


解決


訴訟で和解離婚が成立しました。
 
  離婚
弁護士介入前 応じない
弁護士介入後 訴訟で和解離婚が成立

 


弁護士の視点


夫は、離婚に向けて積極的でなく、調停に遅れて来たり、裁判所に連絡せずに欠席したりすることが度々ありました。弁護士が協議での離婚を持ち掛ける連絡をしても、応じようとしませんでした。
そのような夫に対し、調停を早めに終わらせ、訴訟することで、離婚を実現した事例です。訴訟提起から3か月で離婚することができました。




The following two tabs change content below.
アバター

松平幹生

当事務所は、離婚に特化し、離婚問題全般に力を入れていますが、中でも、モラルハラスメントの問題の解決に積極的に取り組んでいます。 離婚で相談にお越しになる方の中には、モラルハラスメントで苦しんでいる方が多くいらっしゃいますが、そのような方が、その苦しみから解放されて自由になるため、力になりたいと思っています
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング