離婚に応じなかったモラハラ夫から離婚の合意を早期(1か月)に得て、財産分与として300万円を受ける協議離婚が成立した事例(横浜市保土ヶ谷区)


性別 年齢 相手年齢 職業 相手職業
女性 40代 40代 給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)
給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)




 

離婚請求 同居中か別居中か 原因 未成年の子ども 手続き
求めた 別居中
モラルハラスメント・精神的虐待・暴言 あり 協議



 

争点
 ■相手が離婚に応じない
 ■財産分与
   ・金融資産






 


事案


夫には、故意に会話がない状態を作り出す、婚姻生活の中で反省文を書かせるといったモラハラ的言動がありました。ご依頼者は、夫もモラハラが原因で別居しましたが、夫が離婚に応じなかったため,当事務所にご依頼されました。



解決


財産分与として、300万円を受ける内容で協議離婚が成立しました。
   
  離婚 財産分与
弁護士介入前 応じない 提示なし
弁護士介入後

協議で離婚が成立

  300万円を受け取る

 


弁護士の視点

 

本人同士で話していた段階では離婚に応じていなかった人でも、弁護士がつくことで、離婚に応じる方向に転換する人が一定数います。弁護士がつくことで、離婚の本気さが伝わること、夫婦間の問題として処理できなくなることなどから、「弁護士をつけたのなら仕方ない」と考えるようになると思われます。

本件では、夫は、弁護士がつく前とは打って変わって、「(どうせ離婚するなら)離婚届を早く出したい」と言ってきたことから、すぐに出す方向で進めました。相手は、財産分与を争っていましたが、離婚届を出したことで、当方は審判でも構わないという強気の態度で進めることができました。