離婚に応じなかった夫と早期(2カ月)に協議離婚が成立した事例(埼玉県)


性別 年齢 相手年齢 職業 相手職業
女性 40代 50代 専業主婦・無職 給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)




 

離婚請求 同居中か別居中か 原因 未成年の子ども 手続き
求めた

別居中(8か月)
依頼者が出た

モラルハラスメント・精神的虐待・暴言 なし 協議



 

争点
  ■相手が離婚に応じない
  ■その他(年金分割)





 


事案


ご依頼者は、夫と離婚をしたいとのことで、ご相談にお越しになりました。
ご依頼者は、夫から離婚届を渡されたため、離婚に応じると言ったところ、今度は夫が離婚に応じないと言い始めました。実際は、夫が離婚したいというのは本気ではなく、離婚したいのはご依頼者の方でした。当人同士で話合いをしましたが、夫は一向に離婚に応じなかったため、当事務所にご依頼されました。婚姻期間が短く、共働きで、双方の有している財産に大きな差はなかったため、財産分与は問題になりませんでした。


解決


協議離婚が成立し、年金分割に関しては按分割合を0.5とする内容の審判が下りました。

 

離婚 年金分割
弁護士介入前 応じない 提示なし

弁護士介入後

協議で離婚が成立

按分割合を0.5とする審判が確定







弁護士の視点


弁護士介入後、夫がなかなか離婚に応じないと予想されることから、婚姻費用調停を申し立てました。婚姻費用の支払いを免れたい夫は、早期に離婚に応じることとなり、受任から2か月ほどで離婚届を提出するに至りました。
年金分割に関しては、夫が分割を拒否していたため、離婚後に審判を申し立てました。 

 

 

 

モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング