夫から離婚を求められたうえ、子の親権者となることを求められたのに対し、妻を親権者とする調停離婚が成立した事例(大和市)


性別 年齢 相手年齢 職業 相手職業
女性 30代 30代 給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)
給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)




 

離婚請求 同居中か別居中か 原因 未成年の子ども 手続き
求められた 同居中 性格の不一致・その他明確な原因なし あり 調停



 

争点
 ■親権者・監護者



 


事案


ご依頼者の夫は、ご依頼者に対し離婚を求めたうえ、2人の子どものうち1人の親権者になりたいと主張してきました。ご依頼者はそのような夫の主張に困惑し、当事務所にご依頼されました。


解決


妻を2人の子の親権者とする内容の調停離婚が成立しました。
 
  親権者・監護者
弁護士介入前 夫が親権を主張
弁護士介入後 妻が親権を取得

 


弁護士の視点


夫の主張は、2人の子のうち1人の親権者になりたいという、おかしなものでした。
さらに、親権者になれない場合でも、月2回宿泊を伴う面会の実施を求めてきました。面会を多くすることは、必ずしも悪いことではないのですが、月2回の宿泊は子どもたちも望んでおらず、子どもと妻の負担が大きく、一般的な面会の頻度に照らすと、過度な要求でした。
当方は、子どもにとって何がベストかを中心に考えて、慎重に調停での話合いを進め、最終的に月2回の日帰りの面会に加え、年3回の宿泊を伴う面会をするという、子どもにとって充実しながらも過度な負担にならない、適正な面会をするに至りました。




モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング