妻に不貞がありながらも、モラハラ夫に対して離婚を求め、親権者を妻とし、夫からの慰謝料請求なしで協議離婚が成立した事例(横浜市青葉区)


性別 年齢 相手年齢 職業 相手職業
女性 40代 40代 給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)
法人経営者(会社社長・開業医等)・自営業




 

離婚請求 同居中か別居中か 原因 未成年の子ども 手続き
求めた 同居中
モラルハラスメント・精神的虐待・暴言
当方有責
あり 協議



 

争点
  ■親権・監護権
  ■養育費
  ■慰謝料





 


事案


ご依頼者は、夫のモラハラに耐えられず、夫と離婚をしたいとのことで、ご相談にお越しになりました。
ご依頼者は、夫から「俺が稼いでる」「ダメ」「クソ」「プリン脳」などといった暴言を吐かれていました。また、ご依頼者は、自分が不倫をし、有責配偶者であることから、夫の交渉に不安があるということで、当事務所にご依頼され、当事務所が代理人として夫と交渉することになりました。


解決


交渉の結果、ご依頼者が子ども2人の親権者となり、夫は養育費を月額8円払い、夫はご依頼者に対して慰謝料を求めない、という内容の協議離婚が成立しました。

 

親権 養育費 慰謝料
弁護士介入前 夫は親権者となることを希望していた 提示なし  夫から妻に対して慰謝料を請求すると主張していた

弁護士介入後

妻が親権者となった

月額4万円(1人あたり、合計8万円)
 慰謝料の請求はなしで離婚が成立した










弁護士の視点


ご依頼者は、夫からのモラハラを理由として、離婚を求めていました。
夫はご依頼者の不貞を理由に、子どもの親権を夫とするのであれば、慰謝料を請求しない(親権が欲しければ慰謝料を払え)と主張してきました。しかし、ご依頼者としては、子どもの親権を譲る意思はなく、その条件では離婚には応じられませんでした。
そこで、親権を譲る意思はないことを明確に伝えるとともに、夫に対し、婚姻費用を請求しました。その結果、夫は親権はあきらめ、面会交流について取り決めすることで、離婚の合意に至りました。
予想された財産分与が、慰謝料と同程度か、少し超える程度であったため、早期解決を重視し、財産分与も慰謝料もなしで終わらせました。

 

 

 

モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング