離婚に応じなかったモラハラ夫と、財産分与として360万円、算定表上適正な金額の養育費を受け取り、年金分割の按分割合を0.5とする内容の調停離婚が成立した事例(横浜市都筑区)


性別 年齢 相手年齢 職業 相手職業
女性 40代 40代 給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)
給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)




 

離婚請求 同居中か別居中か 原因 未成年の子ども 手続き
求めた 同居中
モラルハラスメント・精神的虐待・暴言 あり 調停



 

争点
  ■相手が離婚に応じない
  ■養育費
  ■財産分与
   ・金融資産
    (預貯金・保険・株式等)
   ・不動産
  ■婚姻費用
  ■その他(年金分割)




 


事案


ご依頼者は、夫から、ご依頼者が作った食事の皿をひっくり返される、無視される、服のままシャワーをかけられる、ご依頼者がお子様のために作った食事にタバコを入れられる、体を蹴られる、「ブタ」「デブ」と言われる、キレて怒鳴られる等のモラルハラスメントに耐えられず、離婚を決意し、横浜港北法律事務所の無料相談にお越しになりました。



解決


養育費として一人につき月2万5000円、財産分与として360万円を受け取り、年金分割の按分割合を0.5とする内容の調停離婚が成立しました。

 

離婚 養育費 財産分与 婚姻費用
弁護士介入前 応じない 提示なし  提示なし  提示なし

弁護士介入後

調停で離婚が成立した

一人につき月額2万5000円 360万円を受け取る 月額12万円








弁護士の視点

 

ひどいモラハラを受け、離婚したいと夫に伝えましたが、夫は応じようとしませんでした。
最初にモラハラ被害者がぶつかる壁が、相手が離婚に応じないということです。
夫は、協議でも離婚に応じなかったため、調停を申し立てました。調停の途中で、夫に弁護士がつきました。相手に弁護士がつくと、離婚が進めやすくなることが多いです。
夫は、なかなか離婚に応じませんでしたが、財産分与及び面会については後で協議するという条件で、先に離婚を成立させました。珍しいケースですが、結果的に早く離婚することができ、良かったです。
面会調停については、調査官調査を入れ、双方納得するかたちで調停が成立しました。子どもの意向が反映され、夫が望むほどの面会回数にはなりませんでした。
財産分与については、ご依頼者は、夫が払わないのではないかと心配していましたが、きっちり2分の1ずつ分けることとなり、ご依頼者が満足する結果となりました。

 ≫≫解決後にいただいたご依頼者様の声はこちら



The following two tabs change content below.
アバター

松平幹生

当事務所は、離婚に特化し、離婚問題全般に力を入れていますが、中でも、モラルハラスメントの問題の解決に積極的に取り組んでいます。 離婚で相談にお越しになる方の中には、モラルハラスメントで苦しんでいる方が多くいらっしゃいますが、そのような方が、その苦しみから解放されて自由になるため、力になりたいと思っています
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング