離婚に応じなかったモラハラ夫と、算定表上適正な金額の養育費、学資保険の名義移転及び年金分割の按分割合を0.5とする内容の調停離婚が成立した事例(横浜市戸塚区)


性別 年齢 相手年齢 職業 相手職業
女性 30代 30代 給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)
給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)




 

離婚請求 同居中か別居中か 原因 未成年の子ども 手続き
求めた 同居中 モラルハラスメント・精神的虐待・暴言 あり 調停



 

争点
  ■相手が離婚に応じない
  ■養育費
  ■婚姻費用
  ■その他(年金分割)





 


事案


ご依頼者は、夫からの「俺の方が稼いでいる」「ローン1円も払ってないくせに」等の暴言に苦しみ、離婚を決意されました。
夫に別居・離婚をしたい旨を伝えたところ、最初は応じたものの、後になってやっぱりできないと言われたため、当事務所にご依頼され、当事務所が代理人として交渉することとなりました。

 


解決


養育費月5万円、学資保険の名義移転(50万円相当)、年金分割の按分割合を0.5とする内容の調停離婚が成立しました。

 

離婚 婚姻費用 養育費
弁護士介入前 応じない 提示なし 提示なし

弁護士介入後

調停で離婚が成立

月額7万円 月額5万円







弁護士の視点

 

受任後、夫に対し、離婚したい具体的な理由を挙げ、離婚意思が固いということを伝えましたが、夫は当事務所に連絡せず、ご依頼者に対し、弁護士を通さず話し合いたいと連絡することが続きました。

離婚に消極的な夫は、このように、弁護士を通さずに本人に直接連絡をしようとする傾向があります。それは、夫の中では、「家庭内の問題」で済ませたい気持ちがあるからです。弁護士がついた以上、弁護士を通すのがルールですので、このような直接連絡の要望に対しては、毅然たる態度で一切応じず、連絡したければ弁護士を通す以外にない状態とし、既に家庭内の問題ではなくなっていることを夫に理解させることが大事です

離婚調停及び婚姻費用調停を起こし、話し合いの場を調停に移しました。その結果、夫は離婚に応じることとなりました。このように、夫が離婚に消極的な場合でも、調停を起こすことで、離婚に向かうことがあります。妻から突然離婚を突き付けられた夫は、最初は現実を受け入れらないのですが、このように、弁護士を通さないと妻と連絡がとれない状態となり、調停という非日常の場で話合いをすることで、自分が置かれている現実を理解するようになります

財産分与については、別居時に双方が有していた預貯金に大きな差がなかったため、保険の名義移転のみとなりました。

 

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

松平幹生

当事務所は、離婚に特化し、離婚問題全般に力を入れていますが、中でも、モラルハラスメントの問題の解決に積極的に取り組んでいます。 離婚で相談にお越しになる方の中には、モラルハラスメントで苦しんでいる方が多くいらっしゃいますが、そのような方が、その苦しみから解放されて自由になるため、力になりたいと思っています
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング