離婚に応じなかったモラハラ夫と、財産分与として1300万円、算定表上適正な金額の養育費を受け取り、年金分割の按分割合を0.5とする内容の調停離婚が成立した事例(川崎市中原区)


性別 年齢 相手年齢 職業 相手職業
女性 40代 50代 給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)
給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)




 

離婚請求 同居中か別居中か 原因 未成年の子ども 手続き
求めた 同居中
モラルハラスメント・精神的虐待・暴言 あり 調停



 

争点
  ■相手が離婚に応じない
  ■養育費
  ■財産分与
   ・金融資産
    (預貯金・保険・株式等)
   ・不動産
   ・退職金
  ■婚姻費用
  ■その他(年金分割)










 


事案


ご相談者は、夫から「バカ」「頭悪い」「稼いでない」等の暴言を吐かれていました。また、夫は、子に対しても「バカ」「どうせ何もできない」等の暴言を吐いており、ご相談者は、そのようなモラルハラスメントに耐えられず、離婚を決意し、横浜港北法律事務所の法律相談にお越しになりました。



解決


養育費として17万円、財産分与として1300万円を受け取り、年金分割の按分割合を0.5とする内容の調停離婚が成立しました。

 

離婚 養育費 財産分与 婚姻費用
弁護士介入前 応じない 提示なし  提示なし  提示なし

弁護士介入後

調停で離婚が成立

月額17万円 1300万円を受け取る 月額24万円








弁護士の視点

 

本件は、典型的なモラハラ案件でした。
モラハラ加害者は、妻を苦しめている自覚が少なく、また、妻は、客観的には夫が嫌がるような悪いことをしたわけではないので、夫は離婚に消極的なケースがほとんどです。
本件でも、離婚に消極的なことが予想されましたが、上記のとおり、夫の暴言はかなりひどいものだったことから、その内容を最初の通知に記載し、離婚意思が固いことを伝えたところ、夫は早期に弁護士を立てて、離婚の方向での協議に応じることとなりました。
弁護士からの連絡にも、離婚に消極的と書いてあったので、予想どおりでしたが、強気な通知を書いたことが功を奏したかたちです。

 

弁護士がついたことで、婚姻費用は比較的スムーズに決まったのですが、その後やはり夫が離婚を考え直すようなことを言ってきたため、離婚調停を申し立てました。

 

離婚調停では、夫は離婚を積極的に争わず、主に財産分与の話になりました。
財産分与では、細かい争点がいくつかありましたが、ご依頼者の意向に従い、強気に金額を安易に下げない交渉を続けたところ、最終的には、夫がかなり譲歩するかたちで、合意に至りました
別居後夫が住んでいた自宅も、速やかに売却することができ、早期に財産分与金が支払われることとなりました。

 

受任通知の書き方を工夫したり、夫に弁護士がついたあとも丁寧に法的主張を重ねた結果、婚姻費用、養育費及び財産分与も、ご依頼者が満足する金額で合意できたという事案です。

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

弁護士 松平幹生(神奈川県弁護士会所属)

当事務所は、離婚に特化し、離婚問題全般に力を入れていますが、中でも、モラルハラスメントの問題の解決に積極的に取り組んでいます。 離婚で相談にお越しになる方の中には、モラルハラスメントで苦しんでいる方が多くいらっしゃいますが、そのような方が、その苦しみから解放されて自由になるため、力になりたいと思っています。 当サイトにはじめてアクセスされた方はまずはこちらをお読みください。 パートナーと離婚したい方へ/ パートナーに離婚したいと言われた方へ
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング