養育費月4万円を受け取り、ご相談者を夫の住宅ローンの連帯保証人から外す旨の調停離婚が成立した事例(横浜市泉区)


性別 年齢 相手年齢 職業 相手職業
女性 40代 40代 給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)
給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)



 

離婚請求 同居中か別居中か 原因 未成年の子ども 手続き
求められた 同居中

性格の不一致・その他明確な原因なし

配偶者の浮気・不倫・不貞行為

あり 調停



 

争点
  ■養育費
  ■財産分与
   ・金融資産
    (預貯金・保険・株式等)
   ・不動産
  ■婚姻費用








 

 


事案


ご相談者は、夫から生活費を減らすなどの嫌がらせを受けたうえ、「ろくに働かないくせに」「寄生虫だな」「頭も悪い」「何の役にも立たない」「仕事も家事もできない」等の暴言を吐かれ、夫との関係に嫌気がさしていました。
ご相談者は、明らかな証拠はないものの、夫が不倫していることを確信していました。
そのような状況の中、同居したまま夫が弁護士を立てて離婚を求めてきたことから、横浜港北法律事務所の法律相談にお越しになりました。

 


解決


養育費月4万円を受け取り、ご相談者を夫の住宅ローンの連帯保証人から外す旨の調停離婚が成立しました。

 

婚姻費用 養育費
弁護士介入前 提示なし 提示なし

弁護士介入後

月額7万円 月額4万円

 

 


弁護士の視点


ご相談者が離婚に消極的な態度をとったところ、夫は調停を起こしてきました。
ご相談者も、夫とやっていくのは限界と感じていたため、調停では離婚の方向で話が進み、条件について話し合われました。
本件では、婚姻費用や養育費、面会については、夫側がそれほど不当な主張をしてこなかったため、比較的スムーズに合意に至りました。
財産についても、不動産の評価額が問題になりましたが、双方が取得した査定書の中間額とすることで合意に至りました。

夫が不当な主張をしないのは、夫が早く離婚したがっているからです。
夫からすれば、到底通りそうもない主張をしても、離婚が先に延びるだけで、最終的にはその主張は認められないのだから、デメリットしかありません
夫に弁護士がついていたこともあり、通りそうもない主張は最初からしてこなかったということです。
この点、他の妻がモラハラ夫に対して離婚を求めている事案では、夫が離婚に消極的な場合が多く、夫は離婚が先に延びても構わないため、通らないような主張をしてくることが多いです。
その場合にどのように対処すれば合意が進むかについては、モラハラ夫の思考パターンを熟知していることが必要です。
そのために最も必要なのは、モラハラ事案を取り扱った経験です。

本件ではその他、ご相談者が夫の住宅ローンの保証人になっているという問題がありました。
この問題はたまにあり、やっかいな問題ですが、本件では、夫が住宅ローンを借り換えして、ご相談者を連帯保証人から外す旨の合意を調停調書で定め、離婚後、無事保証人から外れることができました。

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

弁護士 松平幹生(神奈川県弁護士会所属)

当事務所は、離婚に特化し、離婚問題全般に力を入れていますが、中でも、モラルハラスメントの問題の解決に積極的に取り組んでいます。 離婚で相談にお越しになる方の中には、モラルハラスメントで苦しんでいる方が多くいらっしゃいますが、そのような方が、その苦しみから解放されて自由になるため、力になりたいと思っています。 当サイトにはじめてアクセスされた方はまずはこちらをお読みください。 パートナーと離婚したい方へ/ パートナーに離婚したいと言われた方へ
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング