財産分与の種類

財産分与には、法的性格に基づいて4つの種類があります。

離婚に当たって財産分与の協議をする際は、それぞれの性質の概念を理解しておいた方が良いです。

1つ目は、清算的財産分与です。これは、婚姻期間中に夫婦の協力で築いた共有財産を清算するものです。
法律上は、夫婦が婚姻期間中に築いた財産は夫婦2人のものであるとされます。夫の収入で購入した財産も、夫婦が共同で形成したものと判断され、財産分与を主張することができます。

2つ目は、扶養的財産分与です。これは、離婚により生活が貧窮する一方に対して他方が扶養するものです。
たとえば、乳幼児を監護していたり、病気や高齢であったりすることが原因で、経済的自立が不可能または困難であるケースにおいて認められることがあります。

3つ目は、慰謝料的財産分与です。これは、離婚による精神的損害の賠償という性格を持っています。本来、財産分与とは清算的財産分与の意味合いが強いものであり、慰謝料とは異なります。
しかし、離婚原因が明らかにどちらか一方にある場合、財産分与を決めるときに慰謝料の要素も加えることができる場合があります。

4つ目は、離婚までの生活費の清算です。主に別居中の生活費を指します。
本来、別居中でも婚姻を続けていたならばお互いを扶養する義務があるので、相手に生活費(婚姻費用)を支払わなければいけません。
しかし、現実には別居中に、婚姻費用がきちんと支払われるケースが少なく、財産分与の形で生活費を清算する場合があるのです。